SUPER FLY〜褐色の飛獣〜

キクちゃん(SNATCHER / 大将)におみやげもらった〜!

カピバラせんべい。こどもに大人気。
IMG_2586.jpg
ありがとうーー!

そう、1月15日にジミー・スヌーカさんが亡くなってしまった。

SUPER FLYと言えば、大人になるまではカーティス・メイフィールドではなく、歌の上手いお姉ちゃんでもなく、ジミー・スヌーカだった。

決め技の飛距離のあるスーパー・フライ(フライング・ボディ・プレス)も格好良いが、ロープにふって、ヒョイと大股開いて飛び越えてからの〜スパーン!とチョップをキメる姿はなんとも痺れたなあ〜。

リッキー・スティムボート戦も良かった。

筋骨隆々で飛べる・・・キン肉マンに出て来るキャラクターみたいだったもの。
superfly.jpg

映画「THE FLY」の主人公と似ているのは偶然だったのかな?
thefly.jpeg

昔テレビでプロレスを見ていて驚いた名シーンは、いくつかあるが、

「ファンクスVSブロディ&スヌーカ」の最強タッグでの試合は3本の指に入るだろう。

全日のブロディ&スヌーカ組のセコンドに、当時新日のトップ外人だったスタン・ハンセンが突如登場し、日テレの倉持アナが「あっスタン・ハンセンだ!」と興奮ぎみに実況!

あれにはホントに驚いて「えーーー!!」と当時10歳だった自分はテレビに向かって吠えた。

その時そばにいた母親に「なにをおおげさに!」とピシャリと言われたのを鮮明に覚えている(笑)

1981 12 13 ドリー・ファンクJr&テリー・ファンク vs ブルーザー・ブロディ&ジミー・スヌーカ

スヌーカのタイツはヒョウ柄より黒が好きだった。倉持アナの実況もアツイ!

合掌。

神出鬼没のゲリラセール

1月14、15日の2日間、 UK EXTRAにて開催された「神出鬼没のゲリラセール」。
当日は最強寒波が襲来し、小雪がぱらついてきた時には「あちゃー!」とホントにヒヤッとしましたが、たくさんの友人、知人、普段ブログを見てくれているお客さまにご来店していただき、大盛況でした!ありがとうございました!

「ボク、黒は着ないんですよ〜」と言いつつ試着したら「黒もいいな〜」と黒MA-1を購入したTOMMY。
(写真はTOMMYブログより拝借)
uksale07.jpg
最強寒波でも外で酒を呑み出す正竜会。
ロベルトはVESPAなので酒は呑んでませんよ!
uksale03.jpg
「寒いから...」と、スクータリストのDICE 69が電車でやってきました。
レノと交換しながらあれこれ試着。
uksale05.jpg
このフライヤー・・・
uksale01.jpg
モデルのSKINSは、イタリア人の友人エマの地元の友達だったんだって。びっくり!
(写真はUK EXTRAのBLOGより拝借)
そういえば、大阪のPLASTIC HEADでも、店に貼ってあるNEVERTRUSTのポスターを見て「コレ俺だよ!」と言ったイギリス人のSKINSがいたという話が前にもあった。
世の中せまいですねー!

こちら好評だった「開運ネヴァトラおみくじ」!
uksale02.jpg
大吉〜凶までほとんど同じ割合で入れているにもかかわらず、凶を出す人続出!(笑)
uksale04.jpg
どんだけ凶運の持ち主なのよ!って盛り上がった。
最凶!!!(笑)

BRAVE NEW WORLD

明けましておめでとうございます。

今年は、昨年から次男が入院中ということもあり、年明けは「東京」で迎えました。

ここ数年、元日は早起きして初日の出を拝んでいますが、

今年は久しぶりにスカイツリーの横から浮かび上がる朝日を観る事ができました。
hatuhinode.jpg
その時の頭の中のメロディーはもちろん、イースタンユース「夜明けの歌」

これがまた、初日の出の神々しさとぴったりとハマるのよ。

この曲を超える初日の出ソングは無い!

初日の出、初詣を終えると気分一新するね!

気分一新ソングとして、自分の中で人気急上昇なのが・・・
NEIGHBORS[ネイバーズ] - 新しい世界

この曲聴くとやる気が出る!

やる気元気ネイバーズ!カッチョイイよ!
neighbors.jpg
この4曲入りCDはずーとプレーヤーに入りっぱなし。

というワケで!?2017年もやる気を出して、頑張っていきたいと思います。

今年もNEVERTRUSTをよろしくお願い致します。

2016年のジョー・ストラマー

12月22日。

この日が来ると、一年はつくづく早いなあと感じる。

街中がクリスマス・ソングを垂れ流している日に、俺はザ・クラッシュとメスカレロスを垂れ流す。

カヴァー・アルバムも許容範囲だが、なるべくジョーの声を聴く。

そして毎年少しづつ「メスカレロス」が好きになっていく。

ラスト・アルバムになってしまった「STREETCORE」の続きが聴きたいなあ。。。

もしジョーが生きていたら、あれからどんな曲を聴かせてくれただろう?

晩年はアフリカン・ミュージックなどにもハマっていたので、その路線を追求していたような気がする。

自分がクラッシュを聴いてレゲエに興味を持ったように、メスカレロスの影響からクンビアを聴いて「カッチョイイ!」となる日がきていたかもしれない。


政治についても敏感だったジョー。

今年行われたアメリカの大統領選には、たった一言・・・

「I'M SO BORED WITH THE U.S.A.!」

と叫んでくれただろうか。


ジョーストラマー2016

The Clash - I'm So Bored With The U.S.A.


The Minstrel Boy - Joe Strummer & The Mescaleros

この曲さえあれば、クリスマスソングも第九もいらない。


いつもココロにジョー・ストラマーを。

2016 AUTUMN COME LOVIN'

今が一年で一番暑い時期ですが、8月後半にもなれば毎年決まって急に秋めいてきたりするもんです・・・というワケで、秋物立ち上がりました!!

といってもハイブランド・ショップのようにクーラーをガンガンにしてコートを並べるような、そんな無茶な真似は出来ないので(笑)年中活躍できるシャツの新作からスタートします。

まずは1枚は持っていると重宝する、英国伝統の格子柄「タッターソール」のボタンダウン。白地にブルーとレッドが交互に格子になっている合わせやすいトリコロールカラーです。
9650101.jpg

9650105.jpg

9650102.jpg
ブリティッシュ・スタンダードですね!

続いては、白地にブラックとワインのドビー(織り)ストライプ。はっきりくっきりしたストライプなので、名付けて「ソリッド・ストライプ」。衿は第一ボタンのところに2個ボタンが付くデュエボットーニ。通常のボタンダウンより衿高になっています。
9650501.jpg

9650504.jpg

9650502.jpg

9650505.jpg
80/2サテン生地なので、しっかりと厚みがあります。

続いては秋冬にコーデしやすいカラーリングのチェック。衿はラウンド・カラーの隠しボタンダウンになっています。
9650704.jpg

9650701.jpg

9650705.jpg

9650703.jpg
生地は椿加工(椿オイルを繊維に浸透)なので、なめらかで柔らかな風合い!着心地しっとりサラサラです!

などなど、新シャツの入荷はまだこれからもありますが、第一弾はこんなカンジ。
全国の取扱店舗で入手可能ですので、よろしくお願い致します。

秋物をチェックしながら・・・もう少し夏を楽しみましょうか!
Jump with joey-Summer come lovin´

JUMP WITH JOEY、今でもよく聴くけど90年代に人気を博したバンドで、SKAとJAZZとLATINをミックスさせたサウンドがカッコ良かった。
先月、再結成して来日してたんだってね〜観たかったな。
プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード