リーグ・オブ・フェイス VOL.52 〜冬の陣〜 RAISE A FLAG ONE MAN GIG

12月3日(土)
何度も言うが、結成23年目にしてようやく決断した初ワンマンだ!
「めでたい、めでたい」と散々言っていたら
母ちゃんが夜なべをして、「ワンマン」鉢巻き作ってくれた〜♪
ありがとう!
だけど、勢い余って「ワンワン」や「マンマン」まで作ってくれた〜(笑)
oneman002.jpg
これで準備はbang-tang!
ワンマン限定商品の「清酒Oi! カップ武蔵野」や「祝福袋」を持って(重い!)、気分高らかに中野に向かった。
気分高らかな理由は他にもある。
久しぶりにキクちゃん(SNATCHER,大将)と待ち合わせもしているのだ。
いつものように美味くて安い居酒屋に連れてってもらい、軽くひっかけてからムーンステップに向かった。
oneman004.jpg
キクちゃんは、来週(12/11)新宿ロフトで行われるOi!フェスで、伝説のバンドである「大将」を復活させる。
自分は大将の事が大大大好きなので、キクちゃんから以前「大将やるよ!」と軽く言われた時は、座っていた椅子から転げ落ちるほど驚いた!
おっと、ここで大将の話をすると長ーくなるのでまた別の機会に。

鉢巻きひとつで、皆もお祝いムード満載に!
「ワンワン」は犬と単車が好きな!?DJ KAKEI(the WILD ROVER)へ。
oneman005.jpg
「マンマン」はもちろんアヴェケン(THE TABLOiD PLAY)に(笑)
となりは元レイフラのタケ
oneman003.jpg
オープンして直ぐ「福袋」は売り切れ!完売御礼!ありがとう!
oneman006.jpg
竜正会!...だっけ?(笑)
oneman016.jpg
そのとなりでANI(室伏)の背中のミッキー・フィッツのサインを撮る佐藤君。

そしてイースタンユースの吉野さんが、NEVERTRUSTのドンキージャケット着用で来場してくれた!
oneman007.jpg
その昔、吉野さんが「NEVERTRUST!NEVERTRUST!」と叫ばなければ、違うブランド名になっていただろう。
自分にとっては、いわば「名付け親」のような方が購入して着てくれている。こんな嬉しいことは無い!
実はこの日イースタンユースのレコードも持ってきていたが、手が震えて針を落とすことはできなかった(笑)

そんな幸せな時間が過ぎて、ついにレイフラのワンマンギグが始まった!
もう頭からドカーン!
oneman008.jpg

oneman009.jpg

oneman012.jpg

oneman010.jpg

最後はやはり「WE ARE THE SKINHEADS」で締め!
oneman014.jpg
途中インターバルでDJタイムもあったが、全30曲。
最初から最後まで全力疾走で完走!
メンバーの体力も凄いが、フロアーもハンパなかった。
平均年齢高いのに(笑)
最後の2、3曲はフルマラソンでいう「ランナーズハイ」みたいな状態だったね。
ライヴ後、ベースのセチオに会ったら試合後のボクサーのようにゲッソリ。軽く2、3キロは痩せたんじゃないかな?

翌日ヴォーカルの家富君に改めて「ワンマンおつかれさま、大成功だったね!」と連絡をしたら「ライヴの成功は俺達が良いライヴをするのはもちろんだけど、協力してくれる人やお客さんのおかげだから!」という返事がきて「ああ、この人は見た目だけでなく(笑)心の底から仏様みたいな人なんだな〜」って思ったよ。
あれだけスキンズが集まっても「暴力的」な空気に一切ならなかったのは、神様仏様家富様のおかげ。
これからもRAISE A FLAGを応援していこう!!と心に誓った。

チャンカー番外編×ヨブセッターVOL.39

ライブレポを書きますと言ってから、いろんなことがありすぎてなかなか手がつけられずあっという間に2週間・・・お待たせしました〜(汗)

オールのイヴェントって途中で眠くなってしまったり、始発の時間を気にしてしまったり...ってよくあると思うんだけど、先日の「チャンカー×ヨブセッター」はホントにそんなヒマなく、アタマからケツまで楽しめる、理想的なオールのイヴェントでした。

いつもの通りDOWN BEAT SELECTERSからマイペースにスタート。
yobsetter3900.jpg
いつも良いのかけるんだよな〜。今回はスキンヘッド・レゲエというよりも泥臭いレゲエチューン中心でこれもまた良かった。

ライヴ1発目は、いきなりTHE 69YOBSTERS
yobsetter3901.jpg
今回レコ発であるスプリット・7インチシングルの曲「Big & Sturdy」は2016年版「SKINHEAD MOONSTOMP」と言っても良いくらいの!?歌って踊れる最高のスキンヘッド・レゲエ♪初っぱなから踊らされた〜(笑)
yobsetter3902.jpg

幅広い選曲で楽しませてくれるスクータースキンズのDICE69
yobsetter3903.jpg
定番のIF THE KIDS ARE UNITED♪で盛り上げて〜
ライヴ2発目は...トランキーロ!!
yobsetter3904.jpg
じゃなくて室伏!!
この日のイガちゃんはノリノリで、完全にANIさんを食ってしまっていたね(笑)
永ちゃんネタは封印したらしいが(ちょっとやってたけど)、プロレスネタでガンガン攻めてきた。これはこれでアリだと思う(笑)
yobsetter3905.jpg
と言いながらもANIさんもカッコ良かったよ〜。キーボートのユースが不在だったせいもあり、いつもよりゴツゴツした室伏が観れた。

そして、最近2児のパパになったばかりのKAMIHIRO
yobsetter3906.jpg
いつもセンス良い曲をかけてくれる、痺れる男だぜ!

続いては4thアルバム「RAISE FOUR FLAGS」発売、12.3.中野ムーンステップ・ワンマン目前と慌ただしい中出演してくれたRAISE A FLAG
レイフラのライヴは、それこそ三桁に届くくらい観ているけど、この日のセットリストにはヤラれたなー。いきなり「WE ARE THE SKINHEADS」!で間髪入れず「ASSEMBLY」だもの。ワンマンの前だからって手は抜かないぜ〜って気合いが伝わってきて嬉しかった。
yobsetter3907.jpg
テルちゃん(左)は、初めてレイフラ観たのにステージ上がってノリノリ!(笑)
yobsetter3908.jpg
それくらい最高だったってコト。ワンマンもこの勢いで成功させよう!!

続いてDJ NON$。最近はもっぱらノーザン・ソウル担当みたいなっているのかな?(前からか?)キレの良い曲かけてくれて盛り上がったよ〜♪
yobsetter3909.jpg

yobsetter3910.jpg

GIGOLO 13は、「ゴッドファーザー愛のテーマ」の日本語ヴァージョン(尾崎紀世彦?)のSEで登場。いきなり何かをやらかしてくれそうな、混ぜるなキケンの臭いがプンプンだ。
yobsetter3911.jpg
「ロッカーたるやヒザが命!」というゲンザの公言通り、どれ見てもモニターに足を乗せている写真ばかり!最高だぜ。(笑)
yobsetter3912.jpg
カヴァー曲はスタジオで1発OKだったという直球のめんたいロック「ゴキゲンRADIO」。もう何年も演奏しているかのような違和感の無さは流石だ。伊達に「こんなギャングロッカーは嫌だ」を長年書き続けてはいない。野音でフライヤーを手にして、駆け付けてくれた人も満足だった事だろう(ホントに居たかは不明)。

いよいよトリは、和歌山からやってきたPROUD HAMMERS
yobsetter3913.jpg
この日はベースとドラムが、急遽レイフラのセチオとトシロウがヘルプで入った。なかなかレアなメンバーでのライヴとなったが、番長!の持ち前にパフォーマンス力が発揮されて、最初から最後まで盛り上がった。
yobsetter3914.jpg
スプリット・シングル曲の「Real Music!」はPROUD HAMMERSの十八番であるレッキンOi!が遺憾なく発揮されている名曲。是非聴いてみてください♪

ライヴ終了後は、ダウンビートセレクターズとノンちゃんのDJを挟んで、久々結成したミラクル爆犬タッグ・・・
スラッピン・ブルドッグス(番長!&ゲンザ)の登場!!
yobsetter3915.jpg
息の合ったコンビネーションに、夜明け前とは思えない選曲!
80'sの邦楽をフェードアウトすることなく、まるまるかけてからバトンタッチするという、素人には絶対真似出来ない(混ぜるなキケンの度数はこちらも高め!)、ストロングスタイルのプレイだった(笑)

とまあ、朝までまったく睡魔に襲われることなく楽しめた(一部そのまま夕方まで楽しんじゃった方もいましたが...苦笑)濃い〜イヴェントでした。
混ぜるなキケンを混ぜてみたら、意外とおいしくできちゃいました!みたいな!?
今回のメンツで、来年夏あたりにもう1回しても良いんじゃないかな〜なんて事も思ったりね。

CM「チャーミーグリーンを使うと手をつなぎたくなる」Vol.1

この歌をライヴハウスで、大音量で聴けるなんて思わなかったぜ〜(笑)

今週土曜はミッドナイト・スキネッズ!

いよいよ今週土曜日のミッドナイトは!

yobsetter decision Vol.39 x チャンカー番外編です!
IMG_1939.jpg
2016 11/12(sat)@渋谷CLUB CRAWL
"The 69yobsters & Proud Hammers
Split 7”Single Release Party!!"

open/start//23:30
前売1,500yen+1D 当日2,000yen+1D

出演Bandは・・・
主催のTHE 69YOBSTERS
言わずもがな日本にSKINHEAD REGGAEを広めた、唯一無二のバンド。
yob201611.jpg

PROUD HAMMERS
和歌山からやってくる番長!率いるレッキンOi!バンド。今回の共同主催者。
proudhammers201611.jpg

GIGOLO 13
FROM HARAJUKU 元祖レッキンロール・バンド。演奏よりMCが長いというウワサは本当か!?
gigolo13201611.jpeg

MUROBUSHI
ギネスとパンクとフットボールさえあれば、それでもう十分なお兄さんたち(笑)
murobushi201611.jpg

RAISE A FLAG
偉大なるオールド・スタイル・スキンヘッズバンド。ワンマン目前!新曲もバリバリやってくれそうな予感!
raiframono 201611
という、今まで実現できそうで出来なかった奇跡のメンツが揃っております!

DJは、我らが
DOWNBEAT SELECTERS
NON$
DICE 69(SCOOTERiST ANTHEM)
Kamihiro

という鉄板メンツが盛り上げまくり、もうひとつ夜中に濃すぎるスペシャルゲストDJが出演決定!

ミラクル爆弾...じゃなくて爆笑コンビ

SLAPPIN'BULLDOGS

スラッピン201611

SHOPでNEVERTRUSTは出動します!

SHOP:NEVERTRUSTでは、今年9月に亡くなった''KING OF SKA'' PRINCE BUSTERをリスペクトし、当日限定busterスウェットを緊急発売!
DSC07532.jpg
そして、本格的に寒くなってきたので・・・
コートやジャケットの下に着たい、セーター、ネルシャツ、スウェットなどのあったかウェアーを、当日限定の特別価格で販売します!
名付けて「今すぐ着たい!あったかインナー♪ミッドナイト☆セール!
DSC07530.jpg
是非このチャンスを逃さず、あったかウェアーを手に入れよう!

完売してしまった「刈頭衝突Tee」のニューカラーREDも必ず手に入れよう!
IMG_2711.jpg

そうそう、忘れてはならないのは「THE 69YOBSTERS×PROUD HAMMERS」のスプリット7インチ・シングル!!
今回レコ発ですからーーー!!
先行発売用ジャケ付きを絶対入手しよう!!
14563442_1109529385789364_8126105226918973806_n.jpg

とまあ、「夜中にトンコツラーメンを食べて、替え玉までオーダーしちゃったよ」っていうくらいの濃厚なイヴェントですが、皆さんヨロシクお願いします!

写真撮るんで、取って置きのカッコイイブーツ履いてきてや〜!

約束の地〜IN THE NAME OF ROCK〜

2016年10月15日(土)
THE MODS ツアーファイナル、そして35周年の日比谷野外大音楽堂。
前々から楽しみにしていたライヴだった。

今回のツアーは開始早々、森ヤンの怪我のアクシデントで全国ツアーは中止&延期に。
通常ツアーが行われていれば、地方でTHE MODSを観ることができたファンが一気に「野音」のライヴに標準を合わせてしまった。
おまけに「今回でモッズの野音は最後だろう...」「日比谷野音も解体するらしい(実際は別の箇所)...」との情報で、発売前からチケットはプレミア化し・・・当然、チケットは即完売!

そして・・・俺たちは取ることができなかった・・・。

でもあれだけ「這ってでも行く」と言っていたライヴだ。どうしても行きたい!
諦めきれずにワオワオ言っていたら、生粋のTHE MODSファンであるヤスさんが「ヨッシーに1枚譲っても...」と言ってくれた。
この時ばかりはヤスさんが神様仏様に見えたよ!

ところが、今度は妻が入院してしまい、行くことを一度は諦めた。

でも、様々な人のご協力のお陰で「約束の地」に足を踏み入れることが出来ました。

この場を借りて感謝します。ありがとうございました!

入場前、すでにほろ酔いの自分と、神様仏様ヤス様、一緒にチケット入手に奔走したゲンちゃん(この後ミラクルを起こす)、そして千駄木でDJイヴェントをやっている濱ロック氏。
modsyaon01.jpg

やっとの事で「約束の地」に一歩足を踏み入れる事が出来た。この光景は忘れない。
modsyaon02.jpg
スタート前、ダディーとモッズコール!!(この頃ゲンちゃんも無事に入場できたと連絡が入りホッする2人)
modsyaon03.jpg
夕暮れから始まって〜というのが野音の王道パターンだが、この日はもうどっぷりと日が暮れて、綺麗な満月が浮かび上がっていた。「月に手を伸ばせ、たとえ届かなくても」とジョー・ストラマーの名言をヤス様がつぶやき身に染みる。
modsyaon04.jpg
そして、ゲストでKOZZY IWAKAWAがラジカセを担いで登場し、観客を煽る。
ここで早々と涙腺が崩れ落ちる(まだTHE MODSのメンバーが登場前...笑)!様々な事が頭を過り、涙を抑えることが出来なかった。。。

ライヴはカウンター・アクションからスタート!
大好きなTEENAGE BLUEも聴けたし、ロメオとジュリエット、LOOSE GAMEなどの名曲も惜しみなく披露!
3度目のアンコールでは、ついにTWO PUNKSが!
生で、野音で聴けるTWO PUNKSは格別だ。

森ヤンはかなり満身創痍で、なんとかやり切った感じだったが、まだこの先もロックという名のルーズゲームを続けていくことだろう。。。
でも、自分はこの日が「最後のTHE MODSの野音」と決めつけて、目に焼き付けて会場を後にした。

この場所に来れて本当に良かった。ありがとう野音!ありがとうTHE MODS!
modsyaon07.jpg

会場を出ると何やら聞いた事のある、良く通る声が・・・

「ジゴロ・サーティーンってバンドやってますー!」
「えっ!知らないの!?イケイケのサイコビリー・バンドですよー!」
modsyaon06.jpg
まさに神出鬼没のゲリラロック!
モッズ・ファンひとりひとりに声をかけビラを配るゲン・ザ・ジゴロックの勇姿!

この日多くのモッズ・ファンが次回の GIGOLO 13の出演するライヴ(11/12 渋谷CRAWL ヨブセッター&チャンカー)のフライヤーを手に入れ、購入したグッズなどと一緒に持ち帰ったことだろう。
modsyaon05.jpg
何ならモッズ・ファミリーのライヴと勘違いして、足を運んでもらってもかまわない。
きっとGIGOLO 13が「野音の魂」をライヴハウスに運んできてくれるはずだ!


森山達也と仲間達 THE MODS 岩川浩二 2

これ、オモロいね♪ 司会者がウザいけど(笑)

SCOOTERiST ANTHEM 2016

今年の9月は雨が多くて、気温も上がったり下がったり。
アウター着るのはちょっと早いけど、そろそろネルシャツくらいが丁度良い季節です。
frannnelshrt.jpg
今シーズンのフランネル・シャツは30/2のヘヴィーウェイトな生地。起毛もしっかりとシャギー加工をしていて、保温性はバツグン。タイトなシルエットのネルシャツってあまり無いのでおすすめです!
真冬まではシャツ・ジャケット変わりに、真冬はコートなどのインナーとして着れば、暖かくて最高。まだの方一度お試しください。手放せなくなりますよ!

1週間ほど前に行われた「SCOOTERiST ANTHEM」は、今年も天候にも恵まれて、快適なスクーターランが出来たようです。
今年もクラシカルなデザインの鉄製スクーターがズラリ。カッコイイ!
sra201601.jpg
チキト&ロベのSCOOTER SKINS!
sra201602.jpg
いつも美味しいパンを運んでくれるSeeds man BakeRファミリー。長丁場ご苦労様!
sra201603.jpg
ここまでの写真は主催の高橋DICE69大輔氏より拝借しました。

自分は所用を済ませて夕方に江ノ島方面に向かい、途中で西鎌倉のゲンちゃん(GIGOLO13)友人宅に招待いただきBBQ!のはずが・・・自分の到着が遅くなった為、肉の姿はすでになし!(笑)。なもんでサラダをビールで流し込んだ。
その後、地元の友人から「歩いていけるよ」と聞き、夜20時半ころ徒歩で出発!
が、山道に入ると、行けども行けども会場に到着する気配はなし...。
ホントにこのまま真っ直ぐでいいのか?・・・リハに間に合うのか?・・・と不安になり、タクシーを探すも暗い山道はそうそう通らない。
「こりゃ、まずいな〜」と思ったその時、タクシーを1台発見!必死に止めて、会場のOPPA-LAまでスクーターではなくタクシーで乗り付けた。
着いてみたら、酒呑んだ後に荷物持ちながら歩いていける距離ではなかったね(笑)

そんなこんなで、SCOOTERiST ANTHEMの夜の部は23時から始まった。
トップはバグパイプ・ブラストスからの室伏
sra01.jpg
本イヴェントの常連組の室伏にとって、もはやオッパーラはホーム・グラウンドか!?
と思えるくらい、いつもより余裕のあるステージで最高だった。
ライヴは良かったのだが、MCがイガちゃんの「永ちゃんモノマネ」(笑)似てなくて笑えるけど、あれは次回からナシの方向でお願いします!(笑)

ONE TRACK MIND
sra02.jpg
キレのあるSKAから、グルーヴィーでセンチメンタルな曲まで幅広く披露。江ノ島の夜景にぴったりとハマる素敵なバンド。DOWN TOWNのカヴァーも良かった。

GIGOLO 13
sra03.jpg
メンバーにVESPA乗りが2名いるにもかかわらず、のんびりとBBQをした後にタクシーで江ノ島にやってきたジゴロ達(笑)。でもBBQ参加の友人達をこぞって来場させたので問題なしか!?深夜2ジゴロのスタートだったが、眠気もKang-Zengに吹き飛ぶステージを観せてくれた。
しかし、9月に「襟ボアの革ジャン」って・・・負けたよ(笑)

トリはTHE 69YOBSTERS
sra04.jpg

sra05.jpg
69YOBも常連というか、もはやレギュラー。
そりゃ〜「部屋とYシャツと私」より「海とスクーターとスキンヘッド・レゲエ」好きが集まってるイヴェントだもの。超盛り上がってアンコール2回プレイ。予定になかったFOOTBALL CRAZYまでやってくれた。

そして、最後はスクータリスト・アンセムDJオールスターズが明け方まで盛り上げ終演。大ちゃん、カミヒロ君、今年もお疲れさまでした!

うっすらと陽が昇る海を眺め、電車に揺られて眠気と戦いながら帰宅。
abeyosssy.jpg
自分のとなりのアヴェケン(THE TABLOiD PLAY)は、高円寺で九式の解散ライヴを観た後、終電で江ノ島まで駆け付けてきたタフな冒険者。
そして早朝でもこの余力・・・
きっと何かよからぬ事をやっているに違いない・・・
プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード