俺たちのリーグ・オブ・フェイス 〜凱旋〜

10年くらい前までリーグ〜と言えば、新宿・クラブドクターという位、代名詞だったライヴハウスにレイズ・ア・フラッグが帰ってくる!

場所を新宿から荻窪に移転してからは初の、満を持しての「凱旋」だ。

こうゆう企画は嬉しいし、感慨深い。

自分も何度もドクターにリーグを観に行ったし、昔やっていたバンドで数回出させてもらった事もある、思い入れのあるハコだ。
たしか、レイフラ家富君(Vo)とのTHE WHOのカヴァーバンド、THE MHU(笑)でも出させてもらったな。

新宿と比べるとスペースは半分以下になってしまったけれど、市松模様のステージがあったり、当時と変わらぬ雰囲気で落ち着いてライヴを観ることができた。

レンガの壁とうまいこと同化していた、今回のリーグのポスター。
league5301.jpg

リハ後、レイフラ&ユース・アンセムのメンバーと、店長の石川さんと記念撮影。
league5303.jpg
家富君と石川さんは長年の付き合いなので息はぴったり!リハの時点で「この企画は上手くいくな」と確信した。

そして今回のリーグは、昨年のレイフラと時を同じくして、大阪でワンマンを成功させたユース・アンセムとの2マン!
それこそ20年くらい前から切磋琢磨し、紆余曲折を繰り返してきた2バンドが久しぶりに肩を並べた!オールド・ファンにとっては嬉しい組み合わせだ。

先陣のYOUTH ANTHEMは、この日のリーグの為だけ、二度とないと言ったスペシャル・セットリストを用意!いきなり「錨を上げてから」のOi!〜スキンヘッズ好みのナンバーを次々に畳み掛けてきた。
league5302.jpg
自分は昔キクちゃん(大将/SNACTHER)と観み行った時以来だから、10年ぶりくらい?もっとかな?その時もやっていた昔の曲に愛着はあるが、今の曲も良いし、演奏も歌も上手い!
ライヴ前のSEで「ARB / トラブルド・キッズ」を流していたけど、ライヴが進むにつれてシンヤ君(Vo)が石橋凌に見えてきたよ(笑)

続いてのRAISE A FLAGも負けてはいない!
1曲目にLEAGUE OF FAITH、2曲目にSTAND UP BOOT BOYSと、普段なら終盤かアンコールに持っていきそうなナンバーをいきなり立て続けに演奏。
league5305.jpg

league5304.jpg
アンコール前ラストはWEEKEND HEROES、アンコールは武蔵野とWE ARE THE SKINHEADSだった!
league5306.jpg
その後もアンコール鳴り止まず、最後にもう1曲、若き血潮をやって終演。
歌声に魂入ってたよ。魂こがしてた!
この日のセットリストは、新旧取り混ぜ、まるでベスト盤みたいな内容で、ライヴの流れが素晴らしかったな。
league5309.jpg

今までレイズ・ア・フラッグが続けてこれたのも、クラブ・ドクターの応援があったからと言っても過言ではないだろうし、昔お世話になったライヴハウスに、逞しくなった現在進行形の最強のメンバーで凱旋できて良かったと思う。

またいつの日か、さらに逞しくなって凱旋してくれるだろう!

ライヴ前にギターのアライ君が、新作のTHESE BOOTS Teeを購入してくれた。
写真はライヴ後おつかれのところをパチリ!
league5307.jpg
おかげさまで「アライ君の着ていたTシャツが欲しい」とライヴ後の物販で大好評でした。ありがとう!!演者が着てくれると違うね、やっぱり。

それと、近日海外レーベルからEPをリリースする、QUESTION AND ANSWERSのTOMMYも来場し、新作の白ボタンダウンを購入してくれた。
league5308.jpg
絵になるぜトミー!
似合う!というか、いつものトミーだけど(笑)
ライヴでもガンガン着てもらいたいな。いつもありがとうー!!

11年ぶりのONE STEP BEYOND

4月3日、11年ぶりにMADNESSのライヴへ!
3月は忙しくてTHE SPECIALSや、モッズ&コルツのスカーフェイスなど行きたかったライヴを断念したから「これだけは!」って感じで気合いを入れて行ってきた。
madness01.jpg
4月頭の月曜で19時スタート。場所は行き慣れなれていない六本木。
しかも18時頃からロンドンみたいな、どんよりした雲が広がってきてなんと雷まで...流石マッドネス!なんて笑ってられなかったけど(笑)始まる前にはほぼ満員に。
madness02.jpg
やっぱり、たまには外タレのしっかりとしたライヴを観ると良いね。
高いチケット代払っても、それだけの価値のあるものを演出してくれるもの。

終演後に撮らせてもらったセットリスト
madness04.jpg
ツボを抑えた選曲で満足!
でも「ONE STEP BEYOND」は「Hey you, don't watch that, watch this!」の雄叫びから聴けなかったのはちょっと残念だった〜。急に始まったから「チョ、マテヨ!」と焦ってビールこぼしちゃったよ(笑)

物販も当たりだったので、ソッコー着た(笑)
madness06.jpg
69YOBSや室伏のメンバーも、仕事を早く切り上げて集まってきていたね。
熱烈なファンのGURO君(69yobs)は入り待ちを試みるも失敗に終わる(笑)
madness05.jpg
そうそう69YOBS、室伏に、オークラ、ソルーションも出演する「DRINKIN' + DRIVING'」が今週末に町田であります。
dd.jpg

THE BUSINESS DRINKING AND DRIVING

飲酒運転ダメ絶対!

Oi! Oi! 4 月8日ってリーグと丸かぶりじゃんー!
league of faith53
ハシゴは厳しいぞ!
どうする東京スキネッズ!?

最高!ワイルド・ローバー2017

3月26日(日)に渋谷O-WEST、CLUB ASIA、VUENOS、Glad、NEOの5会場で行われた、St. Patrick's Day the WILD ROVER 2017

小雨が降り注ぐ、真冬並みの寒さの天候でも、例年通りの凄い人で大盛況!!

出演バンド数は総勢30以上!DJの数も20人以上はいるモンで、お客さんも入れ替わり立ち代わりの民族大移動。

凄いイヴェントですよ・・・いや、コンパクトなフェスですね、コレは。

自分はVUENOSで物販をしていたので、ソコにいた時間が一番長かったけど、ヴエノスだけでも濃密で幅広いジャンルのライヴがテンポ良く行われていた。

THE AUTOCRATICS
wr1701.jpg
15時過ぎ、ヴエノス2番手でもこの盛況ぶり!
オークラの勢いは止まらない!その勢いに圧倒されっぽなしのライヴだった。

THE 69YOBSTERS
wr1702.jpg
ライヴ終盤のREVOLUTION ROCK(THE CLASH)のカヴァーにはビックリしたわ。
この日発売されたニューCD-Rにはピーター・トッシュのカヴァーもあり、それにもビックリ!

Los Rizlaz
wr1704.jpg
本場メキシコやブラジルなど海外でも大人気のロス・リズラズ。ラ・バンバのカヴァーは大合唱!!

同じビルの3FにあるGladに移動しEL CATを観る。
wr1706.jpg
女性ばかりのSKAバンド、相変わらず華やかで良いね!
以前リーグ・オブ・フェイスに出てしまってせいなのか?スキンズのファンがもれなく付いてきます!次のタブロイド&ジョインテッドの企画にも出演するらしいので、またまたスキンズのファンが付いてしまうのかも〜(汗)

club asiaのエントランスでバグパイプ・ブラストス
wr1710.jpg
ワイルド・ローバーで聴くバグパイプは一味違うね!

続いてDOWN BEAT SELECTER
wr1707.jpg
エントランスでも客を煽る煽る!そして1枚のレコードに掛ける情熱はハンパない。プロだよね、セレクターのプロ!

続いて、自分もココでDJやりました。
wr1709.jpg
バンドの前ではないので、自由にSOUL〜JAZZ〜REGGAE〜SKAといった選曲に。
佐藤くん、いつも写真ありがとう!今度スペアボタン渡します(笑)

JACKIE & THE CEDRICS
wr1703.jpg
久しぶりに観たので今さら何言ってんの?って思われるかもだけど...ドラムはジャッキーさんじゃないんだね。いつから?いや、女性のドラマーの方も凄く良かったですよ!そしてミザルーは最高だね、やっぱり。

ヴエノスの最後はHi-HOPESでした〜。クボさんカッコイイ&セクシー!
wr1705.jpg
ラテン&ロカビリー?日本版マヌ・チャオ?素晴らしいね。ワールド・ワイドに活躍してもらいたいです。

と、まあヴエノスだけでもクオリティーが高く、十分満足。

見習いたいところ沢山。でも自分が客だったらベロベロだろうね〜。
wr1711.jpg
家に帰り、荷物整理していたら出演していないはずのGIGOLO 13バッジが。

これはスウィート・ゲン・ザ・ジゴロックより、来年は出演したいというメッセージか!?

ワイルド・ローバー最高!

ヒデトくん、カケイくんありがとう!また来年〜。

Oi! フェス 事件簿 part.2 〜ロフト四分五裂〜

ついに大将が復活する!
いてもたってもいられない俺は、毎日ソワソワ...
見兼ねた嫁さんが、レイフラ・ワンマンに続き、夜なべをしてハチマキ作ってくれた〜(限定2個)!しかも最高のクオリティー!!(Tシャツの下にあるのがハチマキ)
taisho001.jpg
これで気分はさらに上昇!
昔作ったTAISHO-Tシャツを10年ぶりくらいに引っぱりだした。

そうそう、今思い出したけど、このTAISHO-Tシャツは某有名ブランドにデザインをまるまるパクられたが事ある。
原宿や渋谷で「おっ!TAISHO-Tシャツ着てるー!」ってよく見ると「TAISHO」のロゴ部分が某ブランド名に上手いこと差し替えられていて目を疑った(笑)

「Oi!Oi!マジかー!」ってなったけどさ、今考えると大将のTシャツをパクるなんて勇気あるよね、そのデザイナーも。
その後も街でちょいちょい見かけたので、ソコソコ売れていたと思うな(苦笑)

おっとっと、また話が反れてしまった(笑)

話を戻して、大将の復活だ。
正式に「解散!」とは言わなかったと思うが、自分の記憶だと2007年以来かな!?
当時のメンバーはキクチャン(Vo)のみだが、この眼で再び大将を観ることができるとは夢にも思わなかった。
いや、夢では思ってたけど「またやってよ!」とは言えなかった。
でも、それを言ってしまうのが、Oi!フェス主催者YUICHIの凄いトコロ!

キクチャンも最初は「(オリジナルメンバーの)大介がやらないと言ってるから...」とオファーを何度か断ったという。
たしかにキクチャンと大介がいての「大将」だった。
TAISHO 2007
taisho2007acb.jpg
それでもYUICHIは諦めなかった!
その後も何度か交渉を重ね、そこまで言ってくれるならと「今のSNATCHERのメンバーで...」と承諾。
YUICHIの粘り勝ちだ!
9月末、告知ギリギリで大将の復活がついに決まった!

復活決定後、大将のメンバーとしてベースを弾くことになったタケシは、律儀に大介と連絡を取り「お前は俺の次に長くキクの隣りでベースを弾いてんだ、頑張れ!」と激励されたという。
痺れる...良い話だ!

ライヴ前、大橋君(THE AVOIDED)とキクチャンの嬉しい2ショット!
oifes012.jpg
そして自分は、この日の記録を残そうとビデオカメラをコートのポケットに収めた。
というのも、大将の過去のライヴ映像はYOU TUBEでほとんど観ることができない。
(自分の所有している過去のライヴ映像は、撮っている途中に激しく興奮してしまい、なんとも酷い有様だ...)
なので、今回は暴れたくなるのをジッと堪えて撮影に集中しようと思っていたのだ。

ついにメンバーがステージに上がり「ジャーン!」と音を出すと「ウオーー!!」とロフトBARステージは異様な興奮状態に包まれていた。
自分は手にビデオカメラを持っていたが、もうすでにビデオなんか撮りたくないと思い始めていた(笑)

キクチャンの第一声「おまえらバカだな!」
痺れるーー!!(笑)
そして1曲目は、東京四分五裂!!!
oifes013.jpg
(この写真はFBからいただきました。良い写真!)

もう無理だ!(早!)ビデオなんか撮りたくない!皆と一緒に暴れたい(笑)
という事でビデオは1曲であきらめ暴動と化すフロアーの中に飛び込んだ。
2曲目足枷外せ!!たまらん!!
ファースト・アルバムから2曲続けてきた。
ここで、もう1つのハチマキを常に最前列で拳を振り上げているジローちゃん(二拾九)に手渡し、急遽「大将親衛隊」を結成!(この写真はライヴ後だけどね)
oifes011.jpg
3曲目は、7インチシングルから誇りを力よ
oifes014.jpg
(この写真は大原君からいただきました)
4曲目ラストはNOISE FOR THE BOYSから生きるは 90年の街
oifes015.jpg
全4曲。あっという間に終了!!
となるはずもなく、、怒声のようなアンコールは鳴り止まない・・・
「4曲しか練習してないんだわ....」と楽屋に帰ろうとするキクチャンを何度も引き止めるヤスオさん。(ヤスオさんは「時に」をリクエストしていたね)
「もう1回!」
「同じ曲でいいから!」
声を枯らしてのアンコールが飛びまくる!

そして「じゃあ、もう1回同じのやっていいのかな?」
「ウオーーーー!」
すでにカオスと化したロフトが激しく揺れる!
そして昔からアンコールの定番であった「誇りを力を」を再演!

素晴らしいライヴだった。

大将は2016年の東京でも生きていた。そして皆に愛され続けていた。

ハチマキにTシャツを着て、涙流して、叫びまくった姿を見た友人が、
「ヨッシー、追っかけみたいだな〜(笑)」って。
その通り!正解だよ!!
またいつか観れるその日まで、俺は追っかけ続けるぜ!!(ストーカーじゃないよ笑)

キクチャン、ありがとーーーー!!!
oifes016.jpg

あんなにガマンして動画撮ってたけど、結局中途半端になってしまった(苦笑)
きちんと撮ってアップしてくれる方がいて良かったです。
大将 Oi ! FESTIVAL2016 @ 新宿ロフトBarStage

ライヴに行けなかった方、涙流して、叫びまくってください。

Oi! フェス 事件簿 part.1

Oi! FESTIVAL 2016、いやはや、あの日はもう事件だった。

制御不能ってこうゆうこと?っていうくらい、自分の感情が抑えられなかった。

体中から涙と汗が吹き出した(笑)

まず何から書こう、やはり大将か・・・

いや、大将のことを書き出したら止まらなくなるので(笑)最後にしておこう。
一応先に言っておくけど、予想以上に...というか、自分が期待していた何十倍も素晴らしかったよ!!
大将のファンで本当に良かった!ありがとう!って本気で思った...おっとっと、すでに止まらなくなりそうだ(笑)

では、観れたバンドを順不同で。
と言っても、所用を終わらせて着いたのが17時すぎだったので、残念ながら観れなかったバンドはたくさんあります。ご了承ください。

今回もっとも注目を集めたのは、一夜限りの再結成THE AVOIDEDだろう。
メインステージのトリに相応しい、存在感と演奏力!
大橋君(現DISCOCKS)はベースをブイブイ言わせててカッコ良かった。
曲もアレンジも演奏力も時代を超越していたバンドだったんだなと再認識。
oifes001.jpg
普通は久々の再結成となると、どこかぎこちなかったりするモンだけどね。そうゆうの一切無し!(笑)流石の完成度でした!

BARステージのトリはCOCKNEY COCKS
この日は親交の深い修豚さん(30% LESS FAT)も参加。
oifes004.jpg
どうしても再結成、リユニオンのバンドに注目が集まってしまうイヴェントに、現役のバンドは「ナニクソ!」って燃えていた。特にタムさん率いるCOCKNEY COCKSはこの日のメンツでもっともベテランで、長年やり続けている意地もあったと思う。「俺たちゃ現役だ、なめんな!」という気合いがヒシヒシと伝わってきたね。

フランスのOi!バンドLION'S LAW
oifes005.jpg
ルックスも曲もシブめでGOOD!ヨーロッパで人気があるのも納得の実力派。
全く予備知識がないまま観てしまったので、これから後追い(Oi!)して聴いていきたい。

今回の主催者YUICHI率いるANGER FLARES
と、その前に・・・
今回のOi!フェスをこのメンツで実現できたのは奇跡。
その奇跡を起こさせたYUICHIの企画力、交渉力、行動力に改めて脱帽!
運も味方する底知れぬパワーの持ち主だわ。
これからは敬意の念を抱き「ヤマさん」と呼ぼうかな!(笑)
oifes006.jpg
3ピースのアンガーを観るのは初!
最初はちょっと違和感あったけど、観ているうちにその違和感は消え、おなじみの曲が新鮮に聴こえてきた。3人になってもパワーアップしているな〜と実感。この調子で来年もデカイことしてくれそうな予感しかない!

UNITED CHANGERS
実は一年ほど前にシンジ君と話をした時に「ユナイテッド〜をやってくれってユウイチに言われてるのよ〜」とコッソリ教えてもらい驚いたことがあった。もうその時点で日程と場所も決まっていた。ユナイテッド〜再結成ということもそうだけど、YUICHI...じゃなくて、ヤマさんは一年前から下準備を進めているのか〜と驚いたね。
名コンピ「STREET JUSTICE」に入っている3曲しかリリースしていない伝説のバンド「UNITED CHANGERS」が一夜限りの再結成だ。
ブリパン(ブリーチ・ジーンズ)でキメたSKINSがソワソワし出したぞー。
oifes08.jpg
ギターを持たない、ヴォーカルのみのシンジ君ってのは初めて観たけど、存在感ある人は何やっても様になる。
労働者たちのアンセムとなっている「WORKERS'CRY」は大合唱!
oifes007.jpg
ほとんどリハも入れなかったらしいけど、そこはもうベテランの実力者たち、THE BUSINESSのカヴァーまでやってくれて、熱く盛り上がった。

ブリパンといえば、全身プリーチでキメたヤスオさんのBULL THE BAFFALOSもカッコ良かったな。
oifes009.jpg
ヤスオさんは私服もいつもカッコ良い。見習いたいね。

この日はOi!フェスってこともありブリパン率高っ!
QUESTION AND ANSWERSのTOMMY。あ、トミーはいつもブリパンか(笑)
oifes010.jpg
ブリパンはD.I.Y. そう、自分で楽しみながら作るのが一番!
俺も履きたい!って人はチャレンジしてみよう。
漂白剤(ハイターなど)をかけ過ぎくらいが丁度良い気がする。
あ、でも本気でかけすぎると破れちゃう事もあるので、加減しながらやってみよう!

って話が反れちゃったし、長くなってきちゃったので2回に分けます。
oifes011.jpg
次回「我ら大将親衛隊」にご期待ください!(笑)
プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード