約束の地〜IN THE NAME OF ROCK〜

2016年10月15日(土)
THE MODS ツアーファイナル、そして35周年の日比谷野外大音楽堂。
前々から楽しみにしていたライヴだった。

今回のツアーは開始早々、森ヤンの怪我のアクシデントで全国ツアーは中止&延期に。
通常ツアーが行われていれば、地方でTHE MODSを観ることができたファンが一気に「野音」のライヴに標準を合わせてしまった。
おまけに「今回でモッズの野音は最後だろう...」「日比谷野音も解体するらしい(実際は別の箇所)...」との情報で、発売前からチケットはプレミア化し・・・当然、チケットは即完売!

そして・・・俺たちは取ることができなかった・・・。

でもあれだけ「這ってでも行く」と言っていたライヴだ。どうしても行きたい!
諦めきれずにワオワオ言っていたら、生粋のTHE MODSファンであるヤスさんが「ヨッシーに1枚譲っても...」と言ってくれた。
この時ばかりはヤスさんが神様仏様に見えたよ!

ところが、今度は妻が入院してしまい、行くことを一度は諦めた。

でも、様々な人のご協力のお陰で「約束の地」に足を踏み入れることが出来ました。

この場を借りて感謝します。ありがとうございました!

入場前、すでにほろ酔いの自分と、神様仏様ヤス様、一緒にチケット入手に奔走したゲンちゃん(この後ミラクルを起こす)、そして千駄木でDJイヴェントをやっている濱ロック氏。
modsyaon01.jpg

やっとの事で「約束の地」に一歩足を踏み入れる事が出来た。この光景は忘れない。
modsyaon02.jpg
スタート前、ダディーとモッズコール!!(この頃ゲンちゃんも無事に入場できたと連絡が入りホッする2人)
modsyaon03.jpg
夕暮れから始まって〜というのが野音の王道パターンだが、この日はもうどっぷりと日が暮れて、綺麗な満月が浮かび上がっていた。「月に手を伸ばせ、たとえ届かなくても」とジョー・ストラマーの名言をヤス様がつぶやき身に染みる。
modsyaon04.jpg
そして、ゲストでKOZZY IWAKAWAがラジカセを担いで登場し、観客を煽る。
ここで早々と涙腺が崩れ落ちる(まだTHE MODSのメンバーが登場前...笑)!様々な事が頭を過り、涙を抑えることが出来なかった。。。

ライヴはカウンター・アクションからスタート!
大好きなTEENAGE BLUEも聴けたし、ロメオとジュリエット、LOOSE GAMEなどの名曲も惜しみなく披露!
3度目のアンコールでは、ついにTWO PUNKSが!
生で、野音で聴けるTWO PUNKSは格別だ。

森ヤンはかなり満身創痍で、なんとかやり切った感じだったが、まだこの先もロックという名のルーズゲームを続けていくことだろう。。。
でも、自分はこの日が「最後のTHE MODSの野音」と決めつけて、目に焼き付けて会場を後にした。

この場所に来れて本当に良かった。ありがとう野音!ありがとうTHE MODS!
modsyaon07.jpg

会場を出ると何やら聞いた事のある、良く通る声が・・・

「ジゴロ・サーティーンってバンドやってますー!」
「えっ!知らないの!?イケイケのサイコビリー・バンドですよー!」
modsyaon06.jpg
まさに神出鬼没のゲリラロック!
モッズ・ファンひとりひとりに声をかけビラを配るゲン・ザ・ジゴロックの勇姿!

この日多くのモッズ・ファンが次回の GIGOLO 13の出演するライヴ(11/12 渋谷CRAWL ヨブセッター&チャンカー)のフライヤーを手に入れ、購入したグッズなどと一緒に持ち帰ったことだろう。
modsyaon05.jpg
何ならモッズ・ファミリーのライヴと勘違いして、足を運んでもらってもかまわない。
きっとGIGOLO 13が「野音の魂」をライヴハウスに運んできてくれるはずだ!


森山達也と仲間達 THE MODS 岩川浩二 2

これ、オモロいね♪ 司会者がウザいけど(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード