GREATEST KABUKI RIP OFF

先週末、初めてモノホンのプロレスラーのマスクを被らせてもらった。

おもちゃのマスクはプロレス・ブームだった小学生の頃に何度も被ったことがあるが、モノホンは顔に吸い付くようなフィット感が全然違う!そして、何より体の中から燃えるような感覚を覚え、今にもトップロープからプランチャーを繰り出したい気持ちになった・・・これはプロレス・ファンだったらわかってくれるだろう!(笑)
kabuki01.jpg

さて、自分の後方にいるバンダナの”居酒屋のオヤジ風”の方は、なんと・・・
東洋の神秘」と呼ばれ、日米を震え上がらせた元祖ペイント・レスラー、ザ・グレート・カブキ本人だ。

そう、ここはカブキさんの居酒屋「かぶき うぃずふぁみりい」(東京都文京区)。

和歌山からプロレス好きで有名な番長!(PROUD HAMMERS)が東京に来るというので、仲間がセッティングしてくれたのだ。
kabuki02.jpg

「番長!会」の常連メンバーは、英子ちゃん、ジョイ児玉、下町ルーディー黒木。
丁度一年前にキラー・カンの店「居酒屋カンちゃん」に行き、苦渋を舐めた!?メンバーが勢揃い。なので、今回はある意味そのリベンジとも言える。
kabuki03.jpg

料理はカブキさん本人が作っていて、どれも美味い!一緒に厨房に入っている気立ての良い奥様は、とても接客が上手な人・・・ほとんど接客をしない「○○ちゃん」とは大違いだ。
いかにも悪酔いしそうな赤と緑の「毒切りサワー」ってのを頼んでみたが、さっぱりとしていて、味は普通のハイボールだった(笑)。

kabuki04.jpg
気軽にサインにも応じてくれて番長!はご満悦。たしか「○○ちゃん」は1,000円取られたなあ(苦笑)

そして、なんといっても本人がひょこっと僕たちの隣に座って話しかけてくれるサービスの良さに感激!これも「○○ちゃん」とは大違い!ってあんまり言ったらかわいそうかな(笑)

なんせカウンター隣に、世界のザ・グレート・カブキだからね・・・
そりゃ、番長!なんて緊張して「あわあわ」しちゃって何も質問できなくても、向こうからプロレスラーの面白話をポツリポツリとしてくれる。

その結果、胸を熱くして読んだ「プロレス・スーパースター列伝」の名場面はほぼ嘘!って事でズッコケる話が多いんだけど(笑)。

猪木なんか「ショーンK」どころじゃない経歴詐称らしいからね(笑)!

でも、その作られたストーリーがプロレスを面白くしていたのも事実。

今の時代は、ネットなどで直ぐバレちゃうからストーリーは作りずらいだろう。

そこら辺が現在のプロレスと昭和のプロレスの差なんだろうな〜。


見よ、冒頭のカンフー映画のような重厚なストーリー仕立てを!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード