シーンに風穴〜STAND UP BOOT BOYS〜

10月17日(土)早稲田ZONE-Bで行われた「STAND-UP BOOT BOYS VOL.1」。

先日ブログで紹介したとおり、全国各地で地道に活躍している"NEW GENERATION Oi!/SKINS"バンドを東京に招聘し、今のシーンに風穴を開けようという新企画。

開催されるまでは、地方のバンドばかり集めて成立するのか!?と、正直リスクの高いイヴェントだと思っていたのだが・・・
いざフタを開けてみると、早い時間からSKINSが多数詰め掛け、終止熱烈な声援、罵声(笑)が響き渡り、とても期待度が高かったイヴェントであったことが認識できた。

トップはこの企画を提案した家富氏率いる、RAISE A FLAG
standup01.jpg
普通に考えれば、長年東京のOi!/SKINSシーンを牽引しているレイフラがトリなのだが、今回はあえて若手にその座を譲り、自らトップに出演。
なもんで、一番目からフロアーは「ドキッ!ボウズだらけの芋洗い状態!」(笑)
最後は、ここぞという時にしか披露しない「WE ARE THE SKINHEADS」で締め。初っぱなから集まったSKINSの心をひとつにした。

NEW GENERATIONと言ってるわりには、実はどのバンドもいい歳なのだが(苦笑)、その中では町田のBOiLJUNKは若手と言える存在。まだ結成1年とは思えない精力的な活動ぶりには素直に感心。先日リリースしたばかりのシングルはとても良かったので、今後の活躍に期待したい。
standup02.jpg

THE VOiCES フライヤー表記の(R6)は、文字化けではなく国道6号線の事。水戸街道をすっ飛ばしてやって来た、波山のかがみ君のもうひとつのガチなSKINSバンド。
波山もカッコイイので、期待はしていたがここまでとは!!個人的に超タイプのバンドで衝撃でした。
「ライヴに誘われても困る。SKINHEADのイヴェントしか出ない。」というちょっと上から目線のMCにも痺れた。
standup03.jpg
他にも岐阜の郷士、名古屋のSHOW DOWNという、強烈なSKINSバンドを観ることが出来た。

そしてトリを飾るのは、この企画の共同主催であり、ここ最近東京で頭角を表してきている、THE JOiNTED
良い意味で日本のSKINSバンドを継承している男臭いサウンドで、一見、厳ついと思われそうだが、児玉君(Vo)のキャラが上手いこと中和してくれている。
standup04.jpg
初のトリとは思えない、ガラの悪い男どもの罵声にも負けず(笑)正々堂々としたライヴで、イヴェントをきちんと締めてくれた。
レコ発でもあったファースト・アルバムは、ライヴ後に良く売れていたので、ライヴが好評だったことを物語る。今後はアルバムを聞いたファンが増えていき、シーンの中核を担うバンドになっていってほしい。

今回の企画は主催者の思惑通りに!?多くの人に衝撃を与える事ができたと思う。僕もその中のひとりだ。
こういった企画の成功こそが、安定気味ともいえる東京のOi!/SKINSシーンに新鮮な風を吹き込む風穴となるだろう。

ハートに風穴 - The Street Sliders

本文とは関係ないが「風穴」と書いたら思い出した(笑)
スライダーズの隠れた名曲...ハリー、カムバック!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード