LOFT 23時

17日(土)は、GIGOLO 13エイジ・アゲイン脱退ランデヴー@新宿ロフトへ。

夕方用事を済ませ、慌ててロフトへ到着すると「エイジ脱退」を聞き駆けつけたジゴロファンで、6ジゴロだと言うのにほぼ満員。(トリはヒガゲ、ポン、ナオキ、キーヤンのS.S.Bツアー初日ですが...)

5人編成のジゴロを観るのは、最初で最後になってしまったが、ツインギターの醍醐味をzong-bungに生かしたアレンジで、おなじみの曲が生まれ変わっていた。
eijiagain02.jpg
まるでキースとロン・ウッドのような?ツインギター。
褒め過ぎ?でもバランスよかったので実にもったいない・・・。

ニックネームがエイジ・アゲインってことで、是非アゲインしてもらいたいね。
本人もライヴ後に「修行に出てきます。」って言ってたし。
戻ってきたらエイジ・リターンズ?エイジ・リベンジもアリか?(笑)

エイジに変わって新加入したギタリスト、マック・ザ・パトローラーは、キャラが立っていてとても見栄えのするギタリストだった。5人編成という期間が終わり、次からまた4人に戻っても派手に活躍してくれるでしょう。
あ、ゲンザのMCは、いつにも増して冴え渡ってましたよ。そりゃ〜スタークラブの曲名で日常会話ができる方ですから。ヒカゲさま、いや、お陰さまで大盛況でしたよ。
gigolo13.jpg
で、S.S.B.は観ず、ジゴロのみ観て帰ると・・・「え?」って皆びっくりしてたけどね。
翌日もあるので、この日は早めに子供を風呂に入れるため帰りました。(笑)

そして、翌18日(日)はまた新宿ロフトで「BOLLOCKS NITE」。
BOLLOCKSを発行している(株)サンディニスタ主催で、偶然なのか意図的なのか、そのサンディニスタ平山社長の誕生日。
そんなわけでお祝いムード満載の楽しいイヴェントでした。

THE DISASTER POINTS
bollock01.jpg
最近のUSストリートパンク〜R&Rバンドの中では、曲のセンスが抜きん出ている。”ONE FOR MY BABY”なんて、マイク・ネスにも歌ってもらいたいくらい、アメリカの郷愁を感じる曲。たまらないね。

THE PRISONER
bollock02.jpg
潤一郎(Vo)の体調は絶不調だったようだが、そんなことを微塵も感じさせないパフォーマンスだった。2月公開の映画の劇中歌に起用されたり、ワンマンツアーも決定したりと、今後のバンド活動の方は絶好調みたいです。

ニューロティカ
bollock03.jpg
50を過ぎたあっちゃんだが、1曲目の”チョイスで会おうぜ!”から動き廻って歌いまくり、曲が終わると、すぐに息切れひとつせず喋りまくる。凄いな、あっちゃん!
ロティカのあとのDJでは、あっちゃんをリスペクトし、ARBをちょいとかけました。

ANGER FLARES
bollock04.jpg
新ギタリスト、SHIN-JINのギタリストの姿を観るのは初めてだったが、一段とパワーアップしたような印象を受けた。KENTAのギターより荒削りな分パンク度はアップ。ミツやコーシも釣られて?パンクっぽくなった気がした。YUICHIの腹の底から出る声にも凄みが増してきた。これなら今年決定したUKツアーもバッチリでしょう!

JUNIOR
bollock05.jpg
KAZUKIさん、すっかり元気になったご様子。名曲”ロックンロール・パールハーバー”はアンコールで披露。ポーグス・ミーツ・セックスピストルズ?いや日本版”ROCK'N'ROLL SWINDLE”てな感じで良いです。

JUNIORのあとのDJで、SHANE MacGOWANの「MY WAY」かけてたら客電が付き、お客さんが帰り出しちゃったものだから「ちょっと待って〜!」て感じに、そこからは好き放題かけさせてもらいました。レッズやらモッズ、またARBとかね(笑)
そんな感じにDJやらかし23時ころに終演。
ARB /LOFT23時

昔この曲で旧LOFTに憧れたな。今聞くとPOLICEみたいだね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード