DRINKIN' PADDY-T

91年にポーグスをアル中でクビになり、しばらく音沙汰なかったシェイン・マガウアンが復帰したバンド名が「ポープス」と知った時は正直ズッコけた(笑)。
しかしアルバムは、初期ポーグスの様な荒々しさを持っていて予想以上に良い出来だったし、なによりシェーンが元気に帰ってきた事が嬉しかった。

当時の本家のポーグスはいうとジョー・ストラマーをゲストに迎えたりして、人気も盛り返したようにみえたが、シェーンが抜けた穴は大きく、その後の作品はおとなしめになっていき、(個人的には好きな作品だったが)活動もフェイドアウトしていった時期だったので尚更だった。

SHANE MACGOWAN & THE POPES
Fairytale of New York」を意識したかのような名曲「Haunted
デュエットがシニード・オコナーってのが良いね。


酒が進んでしょうがないシンプルなR&R「That's Woman's Got Me Drinking


こんなの聞いたら酔いつぶれてしまいそうな「Lonesome Highway


などなど名曲多いが、後にシェーンがポーグスに復帰した後は、ポープスがなかったかの様になっている気がするのは俺だけ?・・・(苦笑)。

3月に入ればすぐ「セント・パトリックス・デー」があるし、春めいてくれば気分は自然とアイリッシュに!(笑)

酔いどれシェーンをリスペクトしたTシャツを着てセント・パトリックス・デーを盛り上げよう!
6430301.jpg

6430302.jpg

6430303.jpg

6430304.jpg
バックはアイリッシュ・クローバー。

春よ(いいかげん)来い!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード