JOE DEAD FLOWERS

THE ROLLING STONESのジャパンツアーのチケット代が凄いね〜。
GC席(花道を囲む席だそうです)ってのが、なんと80,000円!
お安い席でも14,000円と超高額!
流石ですよ、ストーンズわ。。。

来日する度「今回が最後かも・・・」と毎回高額なチケット代を払い、音の悪い東京ドームでライヴを観ているファンは少々可哀想な気がするけど(苦笑)。

でも今回はミック・テイラーが参加するっていうのがポイント高い!
ミック・テイラーはブライアン・ジョーンズ亡き後、69〜70年代半ばの黄金期を支えたギタリストで、かくゆう僕もミック・テイラー期のアルバムはどれも大好き。
キースのシャープなギターにミック・テイラーの潤いのあるギターが絡み合いながらうねりを出す曲は最高です。

Rolling Stones - Dead Flowers (live 1971)

メロディアスなミック・テイラーのギターが素晴らしい!

しかし、仮に自分の大好きなバンドがこのチケット代だったら引くよなあ・・・。

ジョーの命日が近いので大好きなバンドTHE CLASHの話をするが、
クラッシュは「できるかぎり安いチケット代でライブをやりたい!」というスタンスだったので、チケット代がなかなか決まらず来日公演が遅くなったという話を聞いた事がある。
これは2枚組のレコードを1枚分の値段にした、いかにもクラッシュらしいエピソード。

そして解散後に何度も浮上した再結成話の中で一番現実味を帯びた、ロックの殿堂入りの授賞式でのライヴのオファーを「式典の入場チケット高すぎる」「これでは俺達のファンが来られない」と言った理由で断ったエピソードも頷ける。

JOE STRUMMER & MICK JONES LIVE 2002

これはジョーが亡くなる一ヶ月前、偶然19年ぶりに実現したミックとのライヴ共演。
これを見ると、一回くらい再結成ライヴやっても良かったんじゃね?って気がしないでもない(笑)
が、、きらびやかな式典ステージでのライヴは・・・クラッシュらしくはないか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プライス

ネバトラさんも頑張って下さい。
スタプレスト・パンツは以前に比べて結構お高くなりましたね…。

Re: プライス

ショウさま、日本の縫製で日本の生地使って、あのプライスは提供できるギリギリ・・・実はかなりお安いんですよ〜!
プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード