PUNK ROCKER FROM WATTS

早稲田のライブハウス「ZONE-B」が早いもので3周年を迎えたそうです。
おめでとうございます。

思い返せばオープン前にトモノリ(THE PRISONER,BASEMENTS)が、大量にチラシを持ってあちこちに配っていて「西荻から早稲田って、また渋い場所を選んだな~。」なんて皆で話してましたが、今となっては早稲田=ZONE-Bというくらい、頻繁に足を運ぶライブハウスになりました。

ZONE-Bは元々西荻窪にあった、東京アンダーグラウンドのパンクスが凌ぎを削って出演していたライブハウス「WATTS」の店長だった五十嵐さんが、閉店後に新たに始めたライブハウスなので、オープン後はWATTSの常連組が挙って連日出演してました。

そんなWATTS常連組だったメンバーが、偶然か意図的か、バンド名は違えど集結したZONE-B企画「UNDEAD GIG」に日曜日行ってきました。

まずは真摯のVo.武田大ちゃんの覆面バンド、Charie & Millie THE Viva-La-Vips
DSCN7913.jpg
見た目はタイマーズを思わせる土方スタイルですが、曲は軽快なテンポで歌われるストレートなラブソングで気持ち良い。
大ちゃん曰く「至って真面目」なバンドらしいです。
以前違うバンド名でたまにライブやってましたが、曲は基本的には変わらず、久々に「そりゃねえだろマイハニー!」聞けて嬉しかったです。

続いてこのブログではおなじみSNATCHER
DSCN7939.jpg

DSCN7963.jpg
やっぱり凄い。。速いだけではない懐の深いハードコアがこの日も炸裂!!
すでに「HI TIME」を超える新曲が続々と出来上がっていて、進化し続けています。
近日レコーディングの予定があるそうなので、楽しみです。

THE BUBBLES
DSCN7972.jpg
70'sパンクと80’sモッド風味を、ほどよくミックスされたバブルガムパンク!
トオル君はTHE RAZORSの時もそうだったけど、イギリス臭いメロディーを作るのが上手いですね!

トリはまさにWATTSの申し子THE PRISONER
DSCN7991.jpg
この日はトモノリ(G.)が九州に引っ越しした為の6人編成の囚人達。
ギターはオサム君一人でしたが、そこはメンバーの結束力で違和感を感じさせない見事なライブでした!

そしてこんな事を言って良いのかわかりませんが、THE PRISONERのバンドの力量、完成度からして、もうZONE-Bの枠では収まりきらないというか、卒業しても良いのではないでしょうか。。

WATTSにこだわり、これまでアンダーグラウンドシーンを引っ張ってきました。
「PUNK ROCKER FROM WATTS」というTHE CLASH「White Man in Hammersmith Palais」の替え歌カバーでWATTSを知らない若いパンクスにもその名を残してきましたし、役目は十分果たしてきたと思います。

(歌詞はパンクでも)ダンサブルでキャッチーさも兼ね備えている曲は、パンクス以外の幅広い層にも受け入れられるだろうし、何より潤一郎の日本人離れしたソウルフルなボーカルが他を圧倒します。

近い将来、大きな会場をツアーで廻った後、こっそりZONE-Bで凱旋ライブっていうのが最高ですね!
FROM WATTS
2006年に無料配布された「PUNK ROCKER FROM WATTS」CD-R。
地下室から飛び出そうぜ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード