FC2ブログ

漢は黙って!ハリントン&ドンキー


「漢は黙ってNEVERTRUST!」とANGER FLARESYUICHIがSNSで宣伝してくれたので、使わせていただきます(笑)

おなじみのハリントンジャケットとドンキージャケットが入荷。
ご存知の通り、もともとはMODSやSKINHEADSに愛された、漢の定番服だ。

MODSの中でもオーダースーツを作ったり、スクーターを乗り回したりする層ではない、金銭的余裕のなかった「HARD MODS」は、ヘアースタイルが短くなり、ファッションも研ぎすまされていき、いつしか「SKINHEADS」と呼ばれるようになっていった。
SKINHEADSは親父の持っていた労働着や古着などを、男らしくスタイリッシュに昇華させて「おしゃれ」に魅せる達人だった。
まるでARBの「ダディーズ・シューズ」のように(笑)

そのスキンヘッズが「ダサい」→「クール」に昇華させたアイテムの代表が「ハリントンジャケット」と「ドンキージャケット」そして労働靴だったブーツをイメージチェンジさせた「ドクターマーチン」だったと思う。

ここら辺の流れは「グリースアップマガジン」でも書いたので是非読んでください。

今年のハリントンは身頃、袖に中綿が入り、保温性がアップ。
HARRINGTON.jpg
中綿が入り、着心地がふわっと軽やか。高めの襟はドッグイヤーと呼ばれています。

harringtonjacket002.jpg
まるで毛布のような起毛のロイヤルスチュアート(英国王室の御用達のタータンチェック)。

harringtonjacket003.jpg
内ポケットはファスナー付き。ライヴでダイヴしても落ちません(笑)

中綿入りでもシルエットは細身のまま。
harringtonjacket007.jpg

特に腕のラインのシルエットがシュッとしています。
背中はアーチ型のアンブレラカットは背フラシ(背面に切り込み入り)仕様。
harringtonjacket008.jpg

ドンキージャケットは肩の切り替え(レザーショルダーパッチ)が「本革」になっています。
DONKEY-1.jpg
過去には本国のドンキーをならい、値段が安いという理由で「合皮」で作っていましたが、使っていくと経年劣化でヒビ割れしてきてしまい、他はなんともないのに、着れなくなってしまうのが悔しかった。
なので、値段はちょっと上がるけど「本革」にしました。でも、長いスパンで考えたら高くはないはずです。
donkeyblack02.jpg
こちらも、まるで毛布のような起毛のロイヤルスチュアート(英国王室の御用達のタータンチェック)。

donkeyjacket010.jpg
こちらも縦切りのファスナー付きポケット。

donkeyjacket011.jpg
ウエスト部分の2本切り込みが入り、シルエットをシャープにしています。

donkeyjacket003.jpg
腰ポケットのフラップ裏もタータンチェック。その横にハンドウォーマーポケットが付きます。
これでポケットの中がグチャグチャになりません(笑)
8750901.jpg
男らしい大きな襟も魅力的です!


というワケで定番的な商品もただの定番ではなく毎年グレードアップしています。

もちろんハイクオリティーなMADE IN JAPAN。

詳細は下記WEB SHOPでチェックしてください↓

http://nevertrust.biz/shop.html

https://nevertrust.thebase.in/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード