FC2ブログ

MY GOD FATHER R.I.P.

4月16日に父が逝去しました。享年75歳でした。

追悼のご連絡をたくさんの方々からいただきました。ありがとうございました。
おかげさまで滞りなく葬儀を済ませることができました。

父は3年前より肺ガンを患って闘病してきました。
これまでにも数回奇跡の生還をして戻ってきていたので、今回もきっと!と、信じてましたが、願い叶わず、天へ召されました。

自分は、妻の両親も数年前に亡くしているので、親を亡くすのは今回で3回目となってしまいました。
親族、特に今回は「喪主」を務めることになったので、父が亡くなった瞬間から葬儀の準備など慌ただしく進み、悲しみに暮れる時間はほとんどありませんでした。

もう少し後になってから「親父はもういないんだ...」と実感するのだと思います。

通夜・告別式は、父が大好きな「ゴッドファーザー・愛のテーマ」をBGMにしました。

「ゴッドファーザー」は、父がこれまでに何十回も観て来たの映画なのですが、入院中に(体調が良かった日に)「何か観たい映画はないか?」と質問すると、思ったとおり「ゴッドファーザー」という答えが返ってきました。

しかしながら、その翌日から体調から崩してしまい、映画を観るどころではなくなってしまいましたので、姉が耳元で「ゴッドファーザー愛のテーマ」をスマホで聴かせると、満足そうな顔をしていたそうです。

何十回も観ていても、もう一度観たいと言わしめた映画「ゴッドファーザー」。
自分は小さい頃から父に付き合って一緒に観ていたが、今一度、改めてじっくりと観てみたい。
godfather01.jpg
晩年の父は、ドン・コルレオーネのように孫たちに囲まれて過ごすことができて幸せだったと思います。

Ken Boothe - speak softly love ( godfather's theme )

ケン・ブースのカヴァーも良いんだぜ♪

MY GOD FATHER R.I.P.

この写真は若かりし頃の父。
葬儀の前日、古いアルバムの中から出て来た写真。
日大を卒業後、紳士服店「三峰」に就職し、「VAN」の服をバンバンと売り飛ばしていたころと思われる。
Daddy's Suit , 1965
myfather.jpg
この頃のアイビーファションの人気は凄まじく、店内の商品がからっぽになる事も度々あったとか。
あまりに「VAN」や、同じくアイビーブランドの「JUN」 が売れるので、僕の名前も「バン」や「ジュン」で考えていたこともあったと昔聞いたことがある。

それを聞いた当時は「ジュン」はいいけど「ヨシダ バン」?って 番長みたいじゃないか〜と思ったが(笑)

今となっては「バン」でも良かったな。

UKファッション、スキンズ、モッズ...などと
言っているが、自分の根っこはこの写真だった。

DNA。血は争えない。

改めて自分のルーツがより明確になった。

ARB ダディーズ・シューズ 1981

親父の革靴を初めて履いた時は、靴底がレザーのものだったので滑って転んだな(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード