FC2ブログ

興奮!Oi! FESTIVAL 2018

1月7日(日)新宿ロフトで行われた Oi! FESTIVAL 2018

今年はなんとイギリスの元祖Oi!バンド"COCKNEY REJECTS"を招聘して開催された。

共演する日本勢も長年日本のOi!シーンを盛り上げてきている実力のあるバンドばかりだ。
oifes2018.jpg
Oi!が好きだったら、誰もがこんなフェスあったら良いのになーと思っていたことを
いとも簡単に(本当は簡単じゃないけど笑)やってしまうのは、YUICHI(ANGER FLARES/BOOTSTOMP RECORDS/BOLLOCKS編集長/PUNK LIVES!主催)をおいて他にいないだろう。全くもって凄い男である。

その夢のようなイベントのトップを飾ったのは、町田のビジネス...いや、町田のリジェクツと言ってはばからない!?室伏
murobushi20180107.jpg
この日はウェストハム・ユナイテッド仕様の室伏ユニフォームを久々に全員で揃えて気合い十分!
ANIさんの怪我は見事に回復していたが、この日はベースのオイ先生が欠場・・・しかしサポート出場のしんぺーちゃんが全く違和感のない活躍で心配無用でした。
ハーバーツストンプでの室伏UNITEDの時もそうだったが、直ぐにサポートを用意できる選手層の厚さは、バンドというよりフットボールチームのようだね(笑)
oifes2018003.jpg

oifes2018001.jpg

oifes2018002.jpg
ライヴは14時オンタイム、BARステージでキックオフ!
真っ昼間から室伏を観に沢山のサポーターが駆け付けてきていて、「同点PK」から「キッカーボーイズ」までドッカンドッカンの盛り上がり。トップからこんな感じでこれから長丁場となるが、みんな大丈夫かー!?
oifes2018007.jpg

続いてハーバーツストンプにも出演してもらったQUESTIONS AND ANSWERS
oifes2018004.jpg
最近は毎週のようにライヴをやっているし、新曲も順調に増えているようだ。バンドの活動が好調で良い雰囲気だね。
oifes2018005.jpg

oifes2018006.jpg
広いロフトのメインステージでも、迫力満点のトミー(Vo)とめったなことでは動じないメンバーの対比が面白い。
「室伏の後はやりずらい!」と冗談で言ってたけど(笑)いつもどうり堂々としていて熱いステージだった。ここら辺は普段のライヴの積み重ねなんだろうね。
oifes2018008.jpg
来場者は、Oi!といえばのMA-1着用者が多数を締めていたね。こちらはおなじみ竜大と黒木の師弟コンビ。だいたい野球とプロレスとビーバップの話で落ち着く(笑)

RAISE A FLAG
oifes2018009.jpg
意外にも(移転してからの)ロフトで初のメインステージとなるレイフラ。
そういえば、いつもバーステージでひっちゃかめっちゃかに盛り上がるのがレイフラのロフトでのイメージだ。
oifes2018022.jpg
今回ついにロフトメインステージでレイフラが観れるとなって、ライヴ前から我々も興奮ぎみだ。(PHOTO BY 輝ちゃん)

oifes2018010.jpg

oifes2018011.jpg

oifes2018012.jpg

oifes2018013.jpg
メインステージもなんのその!
気合いがほとばしる渾身のステージで、またもやひっちゃかめっちゃかに(笑)
「RUSH IN TO 〜」「難攻不落」あたりで目頭が熱くなったー。
この日の素晴らしいライヴを観て、増々近い将来、新宿LOFTで「リーグ・オブ・フェイス」を開催させたいと願った。何としても!
三歩進んで二歩下がるのレイフラがあと一歩のところまで来ている・・・
皆さんご協力お願いします(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード