FC2ブログ

HERBERTS STOMP 2017 総集編-4

MAD3のアンコール曲は、Jimi Hendrixのカヴァー「LITTLE WING」だった。
mad3003.jpg
その演奏はまるでジミヘンが憑依かのような美しさで息を飲んだ。

そしてクライマックス!いよいよトリ前。
雨が降ろうが槍が降ろうが、トラックにどでかいサウンドシステムを積んで運んでセッティングしてくれた職人DJ集団、ダウンビートセレクターズのチキトのDJ
downbeatchikito02.jpg
ハーバーツストンプはこの方達の協力無しでは成り立たないイヴェントだ。
今年も「魂」サウンドシステムと「熱意」を運んでくれた。
downbeatchikito01.jpg
得意の緩急使い分けるDJテクニックでフロアをノリノリにして、THE 69YOBSTERSに繋いでいく。

THE 69YOBSTERS
69yobsters2017.jpg
*写真にタクミが写っていないのは、出番前にもかかわらずチキトのDJでフロアで踊りまくっていた為(笑)

フロアは十二分に温まっていたので、ライヴが始まれば1曲目から大盛り上がり!
日比谷のスカヴィルからびしょ濡れで中野までハシゴしてくれた方たちもいた。
yobslive01.jpg
HERBERTS STOMPは、69yobsの「7インチヴァイナル」のレコ発に合わせて毎年開催している。
今年もまた「MY AGGRO FAMILIA」という最高のSKINHEAD REGGAEの新曲が誕生した♪
yobslive02.jpg
今回でハーバーツは5回目なので、優にフルアルバム分の曲が溜まったことになるが、だからと言って「CD」でのアルバムのリリースとかは本人達は全く興味がないらしい(笑)

そうゆう頑な姿勢は大好きだし、そこがとても魅力的なのだが「妙にマニアックな一見さんお断り系ミュージック(ゲンちゃん新聞より)」と思われてしまっている節がある。
なので「こんなに格好良いバンドと音楽とカルチャーシーンが日本にもあるんだよ!」というのを知ってもらおうと間口を広げてきたのが、この「HERBERTS STOMP」だ。

深夜にマイペースで行われている「YOBSETTER DECISION」から、時間帯を夕方~に移し、バラエティーに富んだ対バンとDJを呼んで、レゲエミュージックのカルチャーを理解してもらおうと、職人集団DOWN BEAT CELECTERSに手間隙かけてサウンドシステムを持ち運んでもらったりしているのだ。

その甲斐あってか、SKINHEADSやRUDE BOYのみならず、MODSもPUNKSもBILLYSもSOUL BOYも一緒くたに楽しんでいる光景が今年も見ることができた。
「いつもと同じ顔ぶれ」も集まっているが、「初めて来ました」という人も多く見受けられたし、それぞれのファッションも様々で自由な空間が生まれていた。
herberts2f.jpg
もちろん主催が主催だけにSKINHEADSが一番多いけどね(笑)
それでも大分間口は広がってきたんじゃないかな?という手応えを感じている。

今年は台風が直撃したり、客層が直近のスカヴィル・ジャパンと日程が丸かぶりしてしまったり、おまけに総選挙もあったりと大変でしたが、そんな中でも予想を上回るお客さんが来てくれました。ホントに感謝しかありません。

そして「楽しかった!」という方はまた来年も遊びに来てください♪
みなさんにもっと楽しんでもらえるよう、頑張って良い企画を考えていきますので!

このクソ忙しい時期に(笑)4回に渡る長いブログになってしまいましたが、これもハーバーツストンプの熱い気持ちという事でご理解ください!

来年もよろしくお願いします!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード