男は黙って、RUDE BOY

ハリントンの動きが好調です。

英国トラッドからパンクまで、幅広い雰囲気を持つジャケットなので、ちょっと羽織るだけでソレっぽくなれるところが良いよね。

自分が最初にハリントンを意識したのは、THE CLASHの映画「RUDE BOY」にちょっとだけ出て来る、生意気なクラッシュファンだった。
harringtonbo01.jpg
それまで親父達が着るゴルフウェアーとしてしか知らなかった服が、こんなにカッコ良く、様になるなんて知らなかった。

SKINHEADSファッションというモノにも興味を持ったのもこの映画が初かもしれない。小太りのSKINSのローディーも出て来るしね。

下の画像は、ポークパイハットにハリントン、そして光沢のあるブラウンのスタプレだもの・・・「このガキ、シブイなー!」って思い、真似したいと思った。
harringtonboy02.jpg
でも、当時はなかなか手に入らなかった。その思いを今晴らすべく・・・
ついに作ってしまいました!

程よい光沢感とハリのあるトニック調の生地を使用した
ブラウン・ゴールドのスタプレスト・トラウザーズ。
tonikstaprest01.jpg
色違いはシルバー・グレー。
tonikstaprest02.jpg
コレはどちらもC−V(シヴい)!
もちろんタイトで美しいシルエット。
ストレッチが効いているので穿き心地も良いです。
PRICE : 15,000円(+税) SIZE : 1〜4
MADE IN JAPAN

2月中旬入荷予定。震えてお待ちください!!

The Clash: Rude Boy (Trailer)

THE CLASHの映像作品数あれど「RUDE BOY」に勝る物なし!
初めて観たのは高3の時だったか。
友達がレンタルビデオ&CDショップで働いてて教えてもらったんだよな、たしか。
それからは繰り返し、巻き戻して何度も観た教科書みたいな映画だったな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード