ヤロウドモの夏の陣

梅雨が終われば、いよいよ暑く激しい夏がやってくる。

聞くところによると今年の夏は長いらしい。

それならそれで、夏を楽しむしかない!

ということで・・・

今年のリーグ・オブ・フェイスは「夏の陣」をやります。
league54B5web用
RAISE A FLAG

BOMB FACTORY

DUCK MISSSILE

とジャンルはバラバラですが、人気&実力派揃いの3バンド。

DJは自分がやるので、ジャンル関係なく選曲したいと思ってます。

この組み合わせは2度とないと思うので、スケジュール空けておいてくださいね。

フライヤーの元ネタはこちらのSKINHEAD GIRL。
skinheadgirl.jpg
一般的なSKINHEAD GIRLの髪型よりもかなり短く刈り込んでる2人。スカートではなく、ブリパン着用と男っぽいスタイルもシブイので、いつかフライヤーで使いたいなあと思っていた写真でした。

LEAGUEOFFAITH54 SHINDAITAFEVER1

そうだ、レイフラはリーグの前にロフトもあります!

JUNIORワンマン「ヤロウドモとダイヤモンドの心臓」でのBAR ステージでライヴ。
juniorloft.jpeg
DJがゲンちゃん(SWEET GENE the GIGOLOCK)ってもの良いね!

JUNIORのGO君が、NEVERTRUSTのシャンブレー・ドット長袖BDを着てくれて嬉しいぜ!
junior2017.jpg
BARステージか・・・こうゆう時のレイフラはヤバいよー!是非!
スポンサーサイト

SKINHEAD TIMES

先週、大阪 MODS SKINHEADS RUDE BOYSの聖地、PLASTIC HEAD CLOTHINGに行ってきました。
ph005.jpg
店長のA-Araiさんとは、いつも話が盛り上がりすぎて、電話だと充電が切れてしまうこともしばしば(笑)今回も色々と楽しい話を聞かせてくれました。
ph002.jpg

今回驚いたのは「SKINHEAD TIMES」!
ph001.jpg
こうゆうレアなモノをお目にかかれて嬉しい。

この写真のSKINHEADS、サイモンっていうらしいですが(笑)
以前、観光で来日した時、PLASTIC HEADにフラッと入ってきて「ME! IT'S ME!」と、NEVERTRUSTのポスターを見て「これ俺だ!」と教えてくれたらしいです。
GAVIN WATSONの写真集「SKINS」でも準主役級の彼が、フラッとやってくるなんて流石ですよね。

ポスターってのはコレ。右側に写ってます。
skinheadposter.jpg
喜んで帰っていったみたいから良かった(笑)

NEO SKA やNEO MODSを輩出したユニコーン・レコードの話なんかも飛び出して面白かったです。
ph003.jpg
マニアが見たらヨダレを垂らしそうなファンジン。

そしてお土産にもらったTHE SPECIALSの1980年の来日時のライヴ音源(CD-R)!
ph004.jpg
昔VHSを食い入る様に観ていたカーニバルハウスのライヴが、こんなに綺麗な音源で存在していたなんて知りませんでした。A-Araiさん、ありがとうございました!

The Specials live in Japan 1980

このライヴは最高。
今はYOU TUBEでサクっと見れちゃうけど、当時NHKで放送されたモノ。
これのダビングのダビングみたいなブートのビデオを繰り返し見ていたな。

えっと、PLASTIC HEADには喋りにいったワケではなくて(笑)秋冬物の商談に。

その秋物でA-Araiさんも気に入ってくれた、フットボール観戦でおなじみのスタジアム・ニットマフラーをTROJAN SKINSロゴで作ります。
6750901.jpg

6750902.jpg

6750904.jpg

6750903.jpg

6750905.jpg

6750906.jpg
厚手のしっかりとした国産ニット素材。
カラーはブラック(ジャマイカン)、ネイビー(トリコロール)、バーガンディー(ウエストハム)の鉄板3色。
価格は8,800円(+税) MADE IN JAPAN です。

国内小ロットで受注生産となりますので、シーズン中の在庫はありません。
通販予約をご希望の方は info@nevertrust.biz までメールを送ってください。
折り返しご連絡致します。
もちろん取扱店舗でご予約していただいてもOKです。
よろしくお願い致します。

英国かぶれの昭和伊達男

JOiNTEDTABLOiD PLAY企画「JOINT PLAY」いうそのまんまのタイトル第一弾が、5月28日(日)早稲田ZONE-Bにて行われます!

主催の2バンドとも仲良しなので、良いイベントにして成功してもらいたい!
みなさん、遊びに来てください。
jointplay.jpg

当日、SNATCHER×NEVERTRUSTのコラボTシャツを販売します!
snatchertee01.jpg
カラーはホワイト、ブルー、ブラック。サイズはS〜XLまで。
この日を逃すと次いつ買えるかわかりませんよ!(笑)
当日ライヴハウスで見かけたら、即買いでお願いします!

そして、WEB SHOPにホワイト半袖BDアップしました。
whiteshirt01.jpg
着回しに欠かせない、清潔感とクラシカルな雰囲気を合わせ持つホワイトBD。
改良してボタンダウンの襟のロールがより美しくなりました。
綿100%の形態安定加工(ノンアイロン)だから、洗濯後にシワを軽く伸ばして干せば、翌日また着れて超便利。
一家に一着...いや、2、3着あっても良いかも(笑)
これは持っておいて損はナシです。¥11,000

そうそう、この白シャツのみ4サイズ、1(S)〜4(XL)展開で作りました。
今まで3サイズで諦めていた方是非!
需要があるようでしたら他のアイテムも考えていきますので、よろしくお願いします。

5月24日発売のSTREET BIKERS 7月号に、
好評のマルチ・ラインポロとチェックパンツが「英国かぶれの昭和伊達男」として紹介されました。
IMG_3877.jpg
このマルチ・ラインポロのブラックは、これが英国一の伊達男ポール・シムノンの影響力なのか!?発売直後にほぼ完売(SHOPキープ分のみ)となりました。

そして、EDDIEさん(MAD 3)のコラムページでは、日本一の伊達男、岩田さんの事が書いてありました。

EDDIEさんの岩田さんへの想いが伝わるメッセージで胸が熱くなりました。

是非みなさんも読んでください。

少年の瞳

10月9日午前7時3分、The STRUMMERSの岩田さんが天国に旅立ってしまいました。

ご生前は大変お世話になりました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

昨日9日の午前、マネージャーの平山さんから連絡を頂いた時は、信じられなかったし、直ぐには受け止められなかった。

銀行の帰りだったのだが、しばらく呆然とし道端で立ち尽くしてしまった。

三月に体調を崩したと聞いた時は「迷惑かな...」とも思ったが、心配で連絡をした。
そしたらすぐに「大丈夫、心配しないで。大事をとっているだけだから!」と返事を頂き、退院後も「メンテナンスの入院だから大丈夫。心配しないで!」とわざわざ連絡をもらった。
それを聞いてひと安心していたので、五月のライヴがキャンセルになったと聞いた時も「また直ぐに復帰してくれるだろう!」と勝手に思って今回は連絡はとらなかった。

参ったな...。

悔やまれる...。

岩田さんとEDDIEさんとのユニット、LET IT ROCK$には過去3回も「HERBERTS STOMP」に出演してもらった。
herbertsiwatasan02.jpg
岩田さんはHERBERTS STOMPを気に入ってくれていて「また出たいな。よろしく!」とよく顔を合わす度に言ってもらい嬉しかった。

また出演してもらえると思ってましたよ、岩田さん!

告別式:5月17日(水)10:00-12:00
(告別式は喪服に限らずロックな正装でお越し下さい)
式場:梅窓院(東京都港区南青山2-26-38)
ご葬儀、お供えに関するお問い合わせ:
アーバンフューネスコーポレーション 03-5144-0673


ファンの方、最後のお別れのご挨拶を。

岩田さんには最近まで「長年着ているクロンビーをそろそろ買い替えたい」とも言われていたので、告別式は正装として同じ型のクロンビーを着用して行こうと思う。
岩田さんは革ジャンのイメージだけど、クロンビーも超イケてました。
crombieiwatasan.jpg
シルエットだけど好きなジャケ写だ。

しかし、病で倒れた後でも服装の事を考えてるなんてトコトン「伊達男」ですね。

そして最後まで「少年の瞳」を持った男でした。

STAY GOLD!貴方の輝きは永遠のものです。


THE STRUMMERS/死か栄光か
岩田さんの日本語詩が熱い。

行け!生きるは一人。
いざ行かん。 誰もが一人。

行け!死ぬのも一人。
いざ行かん。 誰もが一人。

残された俺達は、貴方の「衝突精神」を胸に刻みながら、今日を生きていきます!
IMG_3615.jpg
「LIVE FOR TODAY 今日を生きよう」を口ずさみながら。

TOO TOUGH TO DIE

28日はアンガー・フレアーズの新宿ロフトワンマンへ。

連休前とはいえ忙しい平日の金曜日。

3ピースになってからの初リリースのアルバム引っさげて、ツアー初日にロフトワンマン。

ちょっと心配していたけど、始まってみたらほぼほぼ満員でした。

大成功って言って良いんじゃないでしょうか?
anger0428.jpg
新宿LOFTでワンマンは、バンドマンにとっては憧れであり夢だ。

その夢を「とりあえずやってみる」的ないつものノリ(笑)で叶えてしまい、通過点にしてしまうYUICHI率いるANGER FLARESは凄いと思う。

今年はイギリスツアーにまた行くという。ホントにタフすぎる!(笑)TOO TOUGH TO DIEな男たちだ。

これからもアンガーフレアーズの行動に目が離せないぞ!

ライヴは、3ピースになっても音がスパーンと直球で飛んで来るいつも通りのアンガーでした。

いや、いつも以上にそれぞれの音がクリアーにビシビシ飛んできて気持ちが良かった!

DJの方はその場の空気に合わせてPUNK、特にOi!〜STREET PUNKを中心にかけた。
dj0428.jpg
撮影 スウィート・ゲン・ザ・ジゴロック

今聴くと、90年代〜2000年代のパンクも良い。
一時食傷気味だったんだけど一周回ったのかな!?

そうそうFBで「俺のARB、心のベストテンをかける」とか何とか言っちゃったけど、意外ときっちりタイムテーブル通りの進行で余裕がなく、かけたのは「乾いた花」のみでした。

ARB / 乾いた花

再結成後のだけど、ロフトだね。

次は5月6日(土)渋谷クロールで行われるヨブセッターでDJやります。
yobsetter40.jpg
この日はSKA,REGGAEを中心にプレイする予定。

ex九式、ジョー君の新しいバンドFUJIYAMA PAPAは初めて。ブルースバンドらしい。楽しみだ。

そのジョー君がいつも愛用してくれているPRINCE BUSTERのスウェット。
半袖Tシャツも作りましたので、5/6持っていきます。
princebustersstee.jpg

GWに合わせて、半袖シャツも入荷中。
こちら60s風な大柄チェックが目を惹く半袖ボタンダウンシャツです。
6730501.jpg

6730502.jpg
FOR THE SKINHEADS & MODS & RUDIES!!

GWのラストはYOBSETTERで踊り明かそう!
プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード