SUNDAY MORNING NIGHTMARE

日曜日の朝。

休日の昼ともなれば、原宿竹下通り並みに混雑している「谷中銀座」の商店街に人っ子一人いない。

爽快な気分だ。

でも腹は減ってきている・・・
IMG_4182.jpg
そう、近所に外国人観光客向けホテルが出来たので、そのカフェで「たまにはモーニングビュッフェでも食べてみるか!」と、家族で出掛けてみたが、想像と違い(食パンのみ食べ放題って言われても...)店を出た。
これは朝飯を探して彷徨う、腹を減らした家族の写真だ(笑)

そして谷中銀座を抜け、路地を曲がった先にあるHAGISOという洒落たカフェに入り、そこでようやく朝飯にありつけた。
IMG_4163.jpg
一見、精進料理みたいなシンプルな朝ごはんだが、腹が減っていたこともあって、これがめちゃくちゃ美味かった。

朝ごはんセットは¥350とお安いが、コーヒー代は¥500。

コーヒーがもう少し安いと嬉しいが、美味しかったので満足!

SHAM 69.....Sunday Morning Nightmare


その後は上野動物園に行ったりして(パンダは見れなかったけど)、一頻り家族と遊んだ後は、アイリッシュパブ・クルーラカン7周年イベントが行われている高円寺HIGHへ。7周年おめでとうございます!

フロアーに着くと「吉田サン!」といきなり呼ばれ「おう!」と返事をすると、もうひとりの吉田サンが呼ばれてたようだった(笑)
IMG_4191.jpg
W吉田。吉田サンいきなりゴメン!(笑)
のんちゃん写真ありがとう!

15時オープンだった為、皆結構イイ具合に酔っぱらっていて、自分が着いた19時頃にはヘロヘロの人も多数(笑)流石はクルーラカンのイベントだ!
cbs01.jpg
こちらのDAWN BEAT SELECTERもヘロヘロでレコードの扱いが雑!(笑)
ポイっと投げたりして、貴重なレコードだからヒヤヒヤしたよ。

そしてTHE 69YOBSTERSの登場!
IMG_4180.jpg
自分も周りのペースに合わせようと、慌ててビールをガブ飲みしたよ。
IMG_4178-1.jpg
ビシっと決めてくれたヨブスターズ!
今週末は沼津でライブ。その後はレコーディングの予定。
今回はどんな新曲が出来上がるのかな!?楽しみだ。

おまけ
やすしーずのドキュメンタリー

先日の「JOINT PLAY VOL.1」のライヴ映像なので、知った顔が多数出てた。

自分も後ろ姿がチョイチョイ映ってます(笑)
スポンサーサイト

グッドラック!

ザ・ストラマーズの岩田さんの通夜、告別式で、最後のお別れのご挨拶をしてきました。
iwatasanrip.jpg

通夜で対面した岩田さんは、目は閉じているが、何か話しかけてもよさそうな、優しい顔をしていました。

そして棺桶の中でも「いつ何時でもカッコ付けてナンボ」という「イワタイズム」のファッションをしていました。

そう、ジゴロのゲンちゃんも言っていたけど、僕も以前は岩田さんの自宅と近かったこともあり、近所でよくバッタリとお会いした。

近くのスーパーやドラッグストアでも、一発で岩田さんと解るファッションをしていた。

手にトイレットペーパーや、スーパーのレジ袋をぶら下げていても、カッコ良かった。

仕事帰りでも、ベレー帽、MA-1、タイガーカモのパンツという完璧なTHE CLASHスタイルを見て「イワタイズム」を理解した。

iwataism.jpg

前に言ったけど「無事退院したので、心配しないでね!」というメールをもらい安心していたので、告別式でアキトさんがおっしゃたとおり「狐につままれたような気分」で一週間を過ごしていた。

でも、THE MONSTERS小林さんや先輩方々から話を聞いたら、どうやらその時も退院できるような状態ではなく、僕たちに心配させまいと、気を使ってついた岩田さんの「優しさ」の言葉だった。

ツアーのキャンセルの告知がギリギリになったのも同じ理由だろう。

参った...。

どこまでカッコつけるんですか...。

メッセージカード。
tomoyo.jpg
病状が苦しい最中でも「復活」を誓っていたという岩田さんが、「別れ」の覚悟を決めて、最後の力を振り絞って書いた一筆だと思う。

友よ グッドラック!

最後の最後まで「イワタイズム」にやられてしまいました。

このカード、一生大切にします。

岩田さん、本当にありがとうございました。

グッドラック!

NEW DAY RISING 2017

3.11.

震災直後に、復興という意味を込めて

フロントに「NEVER GIVE UP」

バックに「NEW DAY RISING」

とプリントしたTシャツを作った。

NEW DAY RISING...

あれからまる6年。日はまた昇ったのか!?

HUSKER DU LIVE IN LONDON 1985
"New days rising" and "It's not funny anymore"


40半ばの自分が見てもダイヴしたくなる映像。

Bob Mould and Dave Grohl - New Day Rising (Husker Du Tribute) 2011

デイヴ・グロール、違和感なし!

最近またHUSKER DUを聴いている。
昔よりも良く聴こえるようになったバンドのひとつ。
huskerdu.jpg
この激アツのライヴ盤。難点なのが、A面B面1曲づつの2曲扱いになっていて(ライヴ収録は全17曲ある)、途中の曲が聴きたかったり、飛ばすことができなくて困るな〜と(飛ばすとB面1曲目になってしまう)、CDだからなのかな!?と思ってLPも買ったら同じだった(笑)ようするに曲を飛ばさずぶっ通して聴けってことなんだね!

Bob Mould - The Descent

ハゲたって、腹が出たって、オッサンになっても激アツ!

悲しきカット・ザ・クラップ

昨日 、大阪心斎橋にある老舗のMODS RUDE BOYS SKINHEADS 御用達のSHOP、
PLASTIC HEAD CLOTHINGで、店長のARAIさんと商談をしながら
「どうしても80年代に蔓延したドラムマシンの音が好きになれない」話で盛り上がった。

ドラムマシンじゃなかったら、もっとよかったはずなのに・・・の筆頭は

THE CLASH / CUT THE CRAP
theclash-cutthecrap.jpg
ジャケはドPUNK。中身は・・・
ボロクソに言う人がいるけど、曲はそんなに悪くない・・・よね?
悪いのは、やはりあのチープなドラムマシン。
脱退したミック・ジョーンズが、B.A.D.で我先にとヒップ・ホップ〜ダンスのアプローチをしたから、ジョー・ストラマーも「俺だって...」と影響受けちゃったと思うんだけど、中途半端になってしまったよね。

THE CLASHの歴史から無かったことに・・・タイトル通り、ホントにカットされちゃってる可哀想なアルバム。
でも「THIS IS ENGLAND」は名曲です。

ジャケのようなドPUNKやっときゃよかったのに〜!

80年代はダンス・ミュージックの波の勢いが大きく、数あるパンクバンド、THE CLASHまで飲み込んでしまった。
この波で一度PUNKは死んだ。(その後甦ったけど)

あの666も当時はPUNKの服からダンス、クラブ寄りの服に商品を変えていたらしいよ。知らなかったなあ。。。


そうそう、2月に入るといよいよ春物のハリントン・ジャケット、パンツ、シャツなど入荷が始まります。

トニック調の生地を使用したスタ・プレスト・トラウザーズ。
470012color.jpg

人気のノン・アイロンBDシャツは、襟高になりボタンダウンのロールがさらに美しくなりました。
nonironblue.jpg
詳しくは入荷後!

混沌としたルーディー

またしても訃報になってしまうが...
俳優の松方弘樹さんが亡くなってしまった。

自分が松方弘樹という「映画スター」を知ったのは、やはり「仁義」シリーズだ。
松方さんは、新・仁義を合わせると9作中5作も出演している。

全部バラバラの役っていうのが、友達と仁義の話をする時にややこしくなるのだが、仁義での松方さんは全部良い。

その中で僕が一番好きなのは、第一作の坂井鉄也(てっちゃん)だ。

見た目は気張っているが、実は心の優しいヤクザという憎めないところも好きだが、ファッションも第一作ではダントツにシブイ!

序盤はワークCAPにタレサンに革ジャン、首にはスカーフという、戦後の混沌としたルーディースタイル。
tetsuya03.jpg
終盤には、ストライプのスーツに蝶ネクタイに坊主頭という、独自のトラッドスタイルにも痺れた。
tetsuya02.jpg
肩で風を切るようにスタスタと歩く、てっちゃんの歩き方...憧れました。

合掌。

話変わって、
前回のブログでも書いたとおり、現在夏ものの商談真っ只中。
一年で一番寒い時期に夏物を見てもらっています!
お店のスタッフもこの寒い中、半袖で夏に向けて撮影(@水戸リキッド)。
寒空の下、夏物撮影ありがとうございました。
夏物いたって好評で嬉しいです!
liquid01.jpg
一瞬季節を忘れる写真だが・・・
後方のディスプレイが寒々しい(笑)
プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード