FC2ブログ

GAZ'S ROCKIN KIRYU

あのGAZ MAYALLが桐生に!
gazkiryu01.jpg
少し前に、高校の同級生でクラスも一緒だったYASUから「俺らにとって桐生にギャズって大きな意味あるっしょ!」というぐうの音もでないセリフで誘いを受けた。

思い返せば、桐生の高校生だった頃に「SKAって知ってる?スペシャルズめちゃくちゃカッコイイよ!」と教えてくれた友人もYASUだった。言わば今に繫がる音楽を教えてくれた恩人だ。

さらに言えばその昔、GAZに会いたいがために「GAZ'S ROCKIN' BLUES」が開催されている木曜日に合わせてイギリスに行ったり、出没すると聞いていたフリーマーケットをふらついたりした。

そのGAZが僕が生まれ育った街にやって来る。これはもう行くしか無い!と決めた。

夕方前に会場であるクラブBLOCK到着し、友人たちと立ち話をしていると、スタッフの運転する車でGAZが桐生にやって来た!
車から降りたらビシっと白いスーツでキメている!ああ流石だよGAZ...と、もう一瞬で虜になってしまった。
gazkiryu010.jpg
このBLOGをご覧になっている方ならご存知だと思うが、僕はGAZのマネをして、ここぞという時にハットの上にハチマキを巻いている。妻が夜なべして作ってくれた「TROJAN 刈頭(SKINS)」ハチマキだ。

そのハチマキをGAZの前で巻いて見せた。
すると「オー!ベリークール!」とか「なんちゃらクールだ」とやたらと褒めてくれた。

これはもう元祖ハチマキDJに渡すしかない(笑)
そうして手渡すと、とても喜んでくれて目の前でハットの上にハチマキを巻いてくれた!
しかも結構丁寧に(笑)

その時僕は思ったね「夢は叶うんだ!」と(笑)
gazkiryu09.jpg

gazkiryu02.jpg

YASUは北関東や東京でDJ活動を続けていて今年でなんと30周年!
FUJIROCKにも出演する、今や人気実力は北関東No.1のDJだ。
gazkiryu08.jpg
この日は特別にSKAを中心にプレイしてくれた。
終わった後に「こんなにSKAをかけたの30年ぶりくらいだよ!」と。ホントに特別だったみたい(笑)

gazkiryu03.jpg
THE SILVER SONICSのライヴにGAZが飛び入り!

gazkiryu07.jpg
その後のDJの時もハチマキは巻いていてくれた。嬉しかったね!
曲はR&BやSKA!昔よく聞いていたGAZ'S ROCKIN' BLUESのカセットテープのようなプレイ♪たまらん。

gazkiryu04.jpg
終演後、カン・クージーもプレゼントしちゃった(笑)
これもかなり喜んでくれた!

SKA ロンドン ファッション ジェントルマンというキーワードで、自分のルーツであるGAZ MAYALLはやはり素敵な方でした!

ルーツといえば、今回の帰省で自分の中のパンクというキーワードのルーツになる先輩にも会うことができた。

僕は16の頃からパンクバンドをやっていたのだが、当時桐生には流行なのか土地柄なのか?パンクスはいっぱいいた(笑)一時はヤンキーより多かった気がする。
ある時一緒にバンドをやっていた友人は、自分の部屋の壁に(ガラスだったかも?)好きなバンド名をマジックで書く行為をしていた。
LAUGHIN' NOSEやSTAR CLUB...とか5、6個、上からズラズラっと書いてたと思う。
すると下の方に「SION」や「泉谷しげる」って書き出した!
「SIONはわかるが、何で泉谷しげるなん?」と聞くと「ばかやろう!超パンクだぞ。観に行こう!」と言い、日が暮れてから、桐生の商店街に連れて行かされた。
そこにはアコースティックギターをかき鳴らし、がなりながら「SION」や「泉谷しげる」の曲を熱唱している人がいた。それが2つ上の先輩の吉田武さん。UNDERCOVERの好きな方は赤ひげ団の団長と言えば分かるでしょう。
ちなみにUNDERCOVERの高橋盾さんも2つ上の先輩です。

その時の武さん、めちゃくちゃカッコ良かった。その時の歌声は今でも耳に残っているし、こうゆうパンクのもかっこいいな、といろんな意味で影響を受けてしまった。

当時は2個上の先輩は凄く大人に見えて、緊張してあまり話なんて出来なかったけど、打ち上げの席でようやく...というかやっと話をする事ができた。嬉しかったなあ。
gazkiryu05.jpg

gazkiryu06.jpg
というワケで、ホントに大きな意味のあるギャズ来桐だった。

今回桐生でお会いした皆さん!またお会いできることを楽しみにしていますー!
スポンサーサイト



満員御礼!Braces Soul Club VOL.8

4月20日(土)、Braces Soul Club VOL.8 (以下BSC)@ 高円寺 クルーラカンは大盛況でした!
bscvol0811.jpg
レギュラーDJのREIKONON$は得意のノーザンソウルを、
KAMIHIROSIMON69はスキンヘッドレゲエ〜アーリーレゲエを、それぞれがセンス抜群の選曲でスピン♪
ゲストのHADGIも負けじと母国チェコのソウルクラブで人気のあるソウルを中心に披露し、フロアをダンホールに変えていった。
bscvol0801.jpg

bscvol0802.jpg

bscvol0803.jpg

bscvol0804.jpg

bscvol0805.jpg
前半こそクルーラカンがテーブルや椅子を片付けてくれたフロアで嬉々として踊れていたが、20時を過ぎたあたりから来場者が増え、気が付けばフロアは満員・・・ついに踊るスペースもなくなるほどに!

映画「ノーザンソウル」
の熱が冷めないうちの開催だったので、映画を観た若い男子も来場してくれたのは嬉しかったな〜。

新規の若手って、今やどのイベントもなかなか呼べないでしょ!?

昔は考えられなかったけど、現在のシーンにとっては大きな課題なんだよね...「若者よ、どこで遊んでるの!?」って(笑)でもこうゆうことがあると、やっぱり映画が公開されて良かったな!
bscvol0809.jpg

今回は映画の公開が盛り上がりに一役買ったとは思うけれど、イベント中盤からのグワーンとした好調感は一朝一夕にはできない。

それはDJの選曲の素晴らしさやイメージ戦略ももちろんあるが、BSC主催陣の親切な対応と心配りで皆を笑顔にさせてきた、これまでの努力の賜物だと思う。

そうしてVOL.8を迎えた今回は、イベントとしての底力をまざまざと見せつけられ、過去最高の盛り上がりを見せた。

この勢いで次ももっと盛り上がって、シーンを代表するDJイベントにしていこう!
bscvol0814.jpg

次回VOL.9は7月6日(土)です。まだ先ですが興味のある方は是非遊びに来てくださいね!
IMG_2223.jpg

そんでもって、今週末も4月26日(土)も高円寺クルーラカン!
YOBSETTER DECISION VOL.49です!
yobsetter49.jpg
Oi ! Oi ! サイモーン!
ちょっと攻め過ぎだって(汗)

・・・安心してください。
これは、レゲエの大名盤PETER TOSH / LEGALIZE IT(解禁せよ)のオマージュしたデザインです。
決して・・(自粛)
LIGALIGEIT.jpg

今回THE 69YOBSTERSは、6月の渡英前ラストライヴとなるので、気合いの入った攻め攻めのステージングを見せてくれるでしょう!

マークさんのソロ、メロディオン鈴木と・・・(長い!)のライヴも観れます。

DJ陣も盛りだくさん。ゲストに今週もHADGIがラインナップされています。お楽しみに!

おっと、自分はDJと、物販で参加します!
物販は今回も夏物の新作を持っていきますよ〜!そちらは次回のblogでご紹介しますね。

Peter Tosh - Till Your Well Runs Dry

イイ〜曲♪

溢れる人々 ワイルド・ローバー 15周年

3月24日(日)はthe WILD ROVER 15th Anniversaryでした。

オープンは昼の2時だったけど、1時くらいからO-WEST周辺は人で溢れてたね。

いや〜たいした集客ですよ、ワイルドローバー。

O-WESTの下のローソンはいつもレジが行列で、どんだけ売り上げ貢献してんのよ!って思うもんね。

バンドも沢山、DJも沢山、観たいの山ほどあるのでしょう。タイムテーブル片手に民族大移動!

僕はというと、DJの時間以外はO-NESTの6階で物販やってました〜。

でも、黙っていたらだーれも6階に上がって来やしないのよ(笑)

物販スペースで、ライヴが観れるワケじゃないからさ。

なもんで「このままじゃイカン!」とライヴのやってる5階の扉やトイレ、6階に通ずる螺旋階段に「上で物販やってますよ!」張り紙を作って貼って、宣伝したらやっとこさお客さんが上がって来てくれました。

わざわざ階段で上がってきてくれた方には感謝します(涙)ありがとうございました!

というワケであまりライヴは観れなかったけど、同じO-NESTでやったTHE 69YOBSTERSはバッチリ観れましたぜ。
the69yob0324.jpg

グロ君が脱退してからの69ヨブを観るのは初でしたが、グロ君の抜けた大きな穴を感じさせないパワフルな出来にホッと胸を撫で下ろしました。

次のTHE 69YOBSTERSのライヴは、ワイルドローバー主催のヒデト君のお店、高円寺クルーラカンでのYOBSETTER DECISION VOL.49です。
yobsetter49.jpg
ピーター・トッシュのオマージュとは言え、なかなか攻めたフライヤーですな!(笑)

DOWN BEAT SELECTERSのDJも熱かったぜ!
IMG_1810.jpg

僕のDJはワイルドローバー・ミーツ・クラッシュ!?な感じに。(撮影:ヨカローモン)
IMG_1819.jpg

クラッシュと言えば、THE CLASHの専属DJとして活躍したDJ SCRATCHYが来日!
これは観ないといけないなと、この時はO-NESTを離れてメイン会場のduoへ。
DSC07729.jpg
CD-Jなので「スクラッチー」と言うよりは、ツマミをクリクリと操作する「スクリッチー(笑)」な動作でフロアーを湧かせてました。ラテンやクンビア、レゲエが聴けるかと思ったら、意外と直球な選曲だったので自分と曲がカブってしまいました〜(汗)!

その後はオールディック・フォギーチェリー・コークスのライヴで大盛り上がり!ワイルド・ローバー最高!

REIKOさん(BRACES SOUL CLUB)とはDJの時間が被ってしまい、お互い観る事ができませんでしたが、お買い物していただきました。いつもありがとうございます!
reikoandyossyflyer.jpg

手に持つフライヤーは、4月20日(土)にこれまた高円寺クルーラカンで開催する
BRACES SOUL CLUB VOL.8
bracessoulclubvol08.jpg
ゲストDJはチェコからの刺客 HADGI !!
SKINHEADS系のライヴによく顔を出してるHADGI(左:撮影NON$)。
いったいどんな曲をかけてくれるのかな〜♪
hadgirob.jpg

それともう1枚のフライヤーは、 NEVERTRUST GARAGE SALE
GARAGESALE2019.jpg
神出鬼没なガレージセール。
今回は事務所からほど近い千駄木ガレージで、普段表立って売る事のないサンプルや半端な在庫の商品などをセール価格で販売します。
4/5(金)〜9(火)まで。時間は家主さんの都合もあり11時〜18時までです。

桜が綺麗なこの季節。谷根千を散策がてら是非お立ち寄りください〜。

the WILDROVER 15th Anniversary タイムテーブル

昨日東京はセントパトリックスパレードでした。

ということはthe WILD ROVERももうすぐ!ってこと。

特に今年のワイルド・ローバーは15周年ということで、例年以上に盛り上がること間違いナシ!

渋谷は緑に染まるでしょう。

A5-front2019.jpg

A5-back2019.jpg

タイムテーブル発表!
WRtimetable2019back2.jpg

WRtimetable2019front.jpg

ちょっと見づらいか!
自分は17:30くらいにO-NESTでDJをやります。
自分の次はONE TRACK MINDで、次にDOWN BEAT SELECTERS〜THE 69YOBSTERSという流れです。
物販は昼くらいからやってますので(場所はまだわかりません)、遊びにきてください。

先週末に入荷して、すでに大好評のOi! スウェットも持っていきます。
oisweat201913.jpg

oisweat201914.jpg

よろしくお願いします。

これがウワサの鼠の穴だ!レイフラワンマン。

先週末の2月16日、噂のライヴハウス「RATHOLE(ラットホール)」へ。

場所は京王線の「柴崎」駅から徒歩1分とのこと。

新宿から急行に乗り、手前の「つつじヶ丘」で各駅停車に乗り換える。

自分は過去に京王線沿いに住んでいたので「つつじヶ丘」や先の「調布」で降りた事は数回あるが「柴崎」で降りるのは初めて。

ずいぶんとマニアックな土地を選んだな・・・と誰もが思うだろう。

そこは、パンクバンド「ANGERFLARES」のヴォーカルであり、

パンクレーベル「BOOTSTOMP」の社長であり、

パンク誌「BOLLOCKS」の編集長であり、

パンクフェス「PUNKLIVES!」のオーガナイザーでもあるという、

いくつもの「パンク」の肩書きを持つ男、YUICHIの目にたまたま止まった物件が「柴崎」の店舗で、内見したら「お!ここエエやん!」の一言で決まってしまったと思う。たぶん(笑)

これでまたひとつパンク小屋「RATHOLE」のオーナーという肩書きが増えた。

そのうち「RATHOLE」の打ち上げ用の「パンクな居酒屋」や、「パンクなPUB」などもやってしまうかもしれない(笑)

ジョークではなく、やりたくなったら即行動!の底知れぬパワーの持ち主のパンク社長、YUICHI 近影
新作のマンチェスターパーカ&チェックCAPがお似合いですぜ!
IMG_0766.jpg

そのYUICHIが作った鼠の穴ほどというライヴハウスで、今ではレーベルメイトであり、昔から切磋琢磨しあったバンド仲間であるRAISE A FLAGが「ワンマン」をやるというので行ってきました。
rathalloneman.jpg
駅を降り、商店街をちょっと歩くとすぐ真っ黒いシブイ建物が目に入る。
あったぜ!RATHOLE
rathall2019.jpg
ドアを開け、階段を降り、中に入ると内装も黒や赤を基調としていてシブイ!

出来たばかりなので当然まだ綺麗だが、1年もすればライヴハウス独特の雰囲気になっていくだろうな。

初めて来たけど、お客さんはレイフラのワンマンなので知った顔ばかりで居心地が良い。

なかには車で二時間飛ばしてきたという熱いファンもいた。

YUICHIオーナーは、ドリンクカウンターで、PA、照明も兼ねてテキパキと働いてましたよ。

そうこうしているうちにRAISE A FLAGがステージに上がり演奏を始めた。

O.A.なしのワンマンは初めてかも?いきなりってのも良いね♪

キャパ50人の身内のようなファンの前、しかも盟友の作ったライヴハウスということで、リラックスして楽しんで演奏できたのでは!?
前回のFEVERでのパフォーマンスとはちょっと違う、アットホームなスペシャル感あるライヴでとても良かった。
rathallraise.jpg
行ったことないけど、ファンクラブ限定ライヴとかこうゆう感じなんじゃないかな?

サプライズのカバー曲は「WE ARE GONNA TAKE IT」。久しぶりに聴いたけど良かったよ〜。こうゆう普段聴けない曲を聴けるのがワンマンの醍醐味だよね。

ライヴ後、家富君と撮影。いつもクロンビーを着てくれてありがとう!
rathallietomi.jpg

この日、真摯のドラムで、ブリティッシュ・ブルドッグスのイラストを描いてくれた森作君にも久しぶりに会えた。
今年はアパレルの仕事を沢山やるらしい。頑張ってるなー!オレも頑張る!
IMG_0602.jpg
そうそう。ブルティッシュ・ブルドッグスTは、物販でしか買えないの?という質問がありました。
もう少しあたたかくなってきたら取扱店でもリリースします。少々お待ちください。
bb2019.jpg

今週末2月23日(土)、RAISE A FLAGは大阪KING COBRAにて開催される「CHAMPION CARNIVAL」に出演。
ANGER FLARESは、新宿ANTIKNOCKでRADIOTSと「ツーマン」をブチかまします!
IMG_0771.jpg

IMG_0770.jpg
お近くの方は是非!
プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード