FC2ブログ

HERBERTS STOMP 2018 終演〜すべてはALRIGHT(YA BABY)〜

HERBERTS STOMP 2018が終演した。
IMG_8106.jpg
素晴らしいフィナーレだったね!(PHOTO 輝ちゃん)

終わり良ければ全て良し!台風なんかクソくらえ!すべてはオーライ・YA BABY!

とは言ってみたものの、この日に為に、家富(レイフラ)、yuzzy (69ヨブ)、ゲン (ジゴロ)との首脳部4人でどれだけ考え、話し合い、行動してきたことか!

でも、まさかこの時期に台風にブチ当たってしまうなんて、これっぽちも思っていなかったけどね!(苦笑)

新代田には、昼から続々とリアルてるてる坊主が集結したが、
オープンの15時にはバシャーっと「あー来やがったな・・・」と。

やっぱり、持ってるよね〜オレたち!

そんな中、びちゃびちゃになりながらも沢山のお客さんが来場してくれました。

避難警報が出ているにもかかわらず来てくれた友人もいました。足元の悪いなか、本当にありがとう!

入口ロビーのサイモン・ラジカセ・コレクション!
しかしまさかの音出しNGで展示のみ。
DSC04245.jpg

サウンドシステムもオープン前にはバッチリ!過去最高の佇まいに感動した。
karasutengu.jpg
これがウワサの烏天狗サウンドだ!

DSC04152.jpg
トラックでの運搬、設営&解体作業まで、いつもダウンビート・クルーには任せっきりで申し訳ない。本当にありがとう!
DSC04213.jpg

びしょ濡れで来てくれたお客さんの期待に答えるように、出演したバンド&DJは最高のパフォーマンスを披露してくれた。

バンドトップのEL CAT
elcat01.jpg
華麗にスタートすることができたのはエルキャットのおかげ。

DICE 69
dice691802.jpg
アッパーチューンのフルコースで湧かせた大ちゃん!(PHOTO ヨカローモン)

THE AUTOCRATICS
オークラ02
結成当初から知っているが、男らしくなったよな〜。今もっともシーンの先頭に立つべきバンドだ。

NON$
nondoll02.jpg
得意のノーザンソウルを畳み掛けて、ライヴハウスをダンスフロアーに変貌させてみせたノンちゃん!

室伏
murobushi.jpg
安定のムロ節で盛り上がっちゃうのよね〜いつも。アンコールまでやって最高でした!

KAMIHIRO
kamihiro03.jpg
これがハーバーツストンプだ!というスキンヘッドレゲエを聴かせてくれたよ。

GIGOLO13
gigolo13.jpg
もはや、3人のジゴロに何の違和感も感じない!
唯一無二、イッツ・オンリー・レッキンロールバンド!

DOWN BEAT SELECTERS
DSC04228.jpg
チキトとハンマーの名コンビ復活が嬉しいダウンビート。
息ぴったりのジャマイカンスタイル!もはや芸術の域。

THE 69YOBSTERS
the69yobsters05.jpg
ある意味ハーバーツ・ストンプを象徴するバンドの69ヨブ。
久しぶりのライヴだったので、待ちに待ったフロアーがいっせいに踊り出した♪

KING NABE
IMG_8070-1.jpg
NABEさんがプレイすれば、どこであろうがCLUB SKAになってしまう。SKAに夢中だった十代の頃に一瞬で戻れる魔法のDJ。

Oi-SKALL MATES
oiskallmates06.jpg
オイスカのOi!魂が炸裂!Oi! TONIGHT(COBRA)からのNEW AGE(BLITZ)なんてやられた日にゃ〜。もうたまらん!ってDJブースからフロアーに飛び出した〜。
体調が優れないなか、圧巻のパフォーマンスを披露してくれたワックンに感謝!

YOSSY
YOSSY1807.jpeg
普段かけない曲もかけたけど、スカやパンクが弾けあい〜♪の選曲で盛り上がったよ!(PHOTO 輝ちゃん)

RAISE A FLAG
raiseaflag07.jpg

IMG_8085.jpg
ハーバーツの結びの一番。結成25周年のレイフラがしっかりと締めてくれたよ。
最高のライヴ。何も言う事はない。すべてはオーライだ!

RCサクセション すべてはALRIGHT (YA BABY)

前夜に「大丈夫さ〜うまくやれるさ〜」という歌詞が頭をよぎって、この日のDJで最初にプレイした曲。

反省点もあるけどさ、来てくれた方、すべてはオーライだったよね?

次回は番外編だ〜。
スポンサーサイト

GO GO FABCHIC 名古屋は日本のど真ん中

いや薄々気付いてはいましたよ・・・

今、日本の中心は名古屋じゃないかって。

名古屋の人は「名古屋は日本のど真ん中」と言うけれど、ホントにそうなんじゃないかと思ったイベントでした。

それくらい6月9日に名古屋VIOで行われたFab Chic5周年パーティー「GO GO FAB CHIC」は盛り上がりました。

BANDとDJの他にお笑いありビンゴあり涙あり!?

おまけに団扇やマシュマロのバラ撒きあり(笑)

アレコレ仕掛けが盛りだくさん過ぎて忘れてしまったくらい。
いやー、楽しませてもらいました♪
gogofabchic007.jpg
入り口付近に顔ハメ。半ば強制的にここで写真を撮る事になる(笑)ヤマタク店長と。

gogofabchic008.jpg
「日本のUKファッションは俺達にまかせておけ!」と息込んで顔ハメするも半目のオレ&オリジナル・ジョン・オカチャン。実は地元の後輩でもある。

gogofabchic002.jpg
盛り上がるBORSTAL BOYSのライヴに飛び入りするヤマタク店長と女装のタケちゃん。

gogofabchic009.jpg
ライヴ後のBORSTAL BOYSのフッジー(東京の人はシゲと呼ぶ)と久しぶりの再会。
BORSTAL BOYSの前にDJが出来て最高だったよ。
もう知らない人も多いけど、昔原宿の同じビルで店舗を1Fと2Fでやっていたのよ。
あの頃は毎日のように音楽の話をしてたな〜♪(写真タゴさんありがとう!)

gogofabchic005.jpg
同じくBORSTAL BOYSのジロちゃん&アンナちゃん夫妻。可愛いBABYを出産後初のボスタルのライヴでした。ドレスアップして素敵☆

gogofabchic003.jpg
トリはLE VIRGINEという東京のモッズバンド。
ヴォーカルの方はJEWEL TRASHというブランドのデザイナーでもあります。
この日のギターはヘルプで、名古屋の方でしたがチョーカッコイイ音で痺れました。

gogofabchic001.jpg
左からタケちゃん、タゴさん、ナッティ・トミー、ヨッシーナ(笑)

gogofabchic006.jpg
発売したばかりのSKINHEAD REGGAE CAPを早速女の子が被ってた。アガるね!
右はMALICE PANIC のヴォーカル。HERDER THEY COMEをDJでかけたらGジャンの下のRUDER Tシャツをガバっと見せてくれた。嬉しかったね。

gogofabchic004.jpg
ライヴ後。皆いい顔してるぜ〜♪イベントやるなら、全員をこうゆう顔にさせたいね〜!

fabchic タクさん、タケちゃんお疲れ様でした!

良い刺激をもらったのでHERBERTS STOMP 2018も頑張るぞーー!!

そして・・・HERBERTS STOMP 2018からビッグニュース!!

30年間の日本のSKAシーンを牽引してきた、CLUB SKA のオーガナイザーKING NABE氏がDJで急遽参加決定!
KING NABE01
昔下北沢にあったROYAL CHARLEYというSKAのお店に卸しをしていた事もあり、大変お世話になった方なんです。
FUJI ROCKでやるCLUB SKAの前日にわざわざ出てくれるなんて嬉しい!大感謝です!!
herberts2018kingtuika.jpg
これだけのメンツが一夜で観れるなんて奇跡です。

絶対楽しいので遊びに来てください。東京も名古屋に負けじと盛り上がろうぜーー!!

不良少年の巣〜WOLFSSCHUTZ アニバーサリー〜

先週末の4月7日、下北沢一番街・WOLFSSCHUTZ~狼の巣~が5周年アニバーサリーDJ・パーティーにDJとして初参加してきました。
wolfs503.jpg
眠れぬ狼たち...もとい、伊達男達が入れ替わり立ち代わりに続々と来店。
wolfs501.jpg
店長の大江さん、5周年おめでとうございます!大盛況でしたね。お疲れ様でした!

wolfs505.jpg
久しぶりの夜中のDJ、どうなることかと思ったが、朝まで音楽とビールを浴びれて気持良かったです♪
wolfs504.jpg

wolfs502.jpg
YU-TA姐さん、流石ロンナイDJ。スキルあるわ〜!
wols506.jpg
写真をたくさん撮ってくれたRUDY(中/いつもありがとう!)&ゲンザとワタクシYOSSY。

初めて話をする人も多かったけど、皆「狼の巣」が好きで集まってくる人たちだもの、話が合わないワケがない!
WOLFSSCHUTZ~狼の巣~には、これからもずっとシモキタの不良の社交場として存在し続けてほしい。

大切な場所がひとつまた増えました。

ちなみにこの夜、一番多くかかったアーティスト(バンド)はなんと、THE MODSでしたー♪
The Mods 不良少年の詩

皆好きだね〜!やっぱり不良少年のたまり場なんだな。

LOVE IN VAIN, かくし色

だいぶ日にちが経ってしまったが、RUTS DCの来日公演(1/27下北沢ろくでもない夜) が素晴らしかったので、レポートします。
ライヴハウスに着いたらタイミング良くMAD3が始まったー。
ruts005.jpg
曲の途中にRUTSのBabylon's Burningのフレーズを挟んできたり、やはり余裕の、圧巻の演奏力。ファッションはLET IT ROCK$を彷彿させるパンクなスタイリングで格好良かった。

そしてRUTS DC 登場!まさかRUTSのライヴを下北沢で観れるとはね〜。
ライヴ前に「狼の巣」でも会ったが、3人とも背が高いので迫力がある。なぜか外タレはデカいと嬉しい(笑)。
ruts004.jpg
3人とは思えない奥行きのある演奏力で圧倒させられた。やはりJah Warや、Babylon's Burningあたりの代表曲は盛り上がったね。

もちろん物販も買った。7インチレコードは、今回RUTSを招聘したトリヤさん(VIBRATE TWO FINGERS)から貴重な限定サイン入りを直々に売ってもらった。
曲はJah Warの現メンバーでの新録ニューバージョンでした。
ruts001.jpg

こちらは下北沢でのセットリスト。翌日の代々木はセットリストは少し変更してやったらしい。
ruts002.jpg
RUTSファンの方なら「あの曲がないの!?」と言いそうな・・・というか自分の大好きなレゲエチューンの「LOVE IN VAIN」が入っていない!

The Ruts - Love in Vain

「LOVE IN VAIN」をどうしても聴きたかった自分は、ライヴが終わって引き上げていくメンバーに「ラヴインヴェイン!ラヴインヴェン!」とメンバー1人1人の耳元で声をかけアピールした(ここのライヴハウスは客席フロアーを通って楽屋に向かうので都合が良かった笑)。

一度楽屋に引っ込んでしまうと階が違うので、面倒くさくなってしまう構造のライヴハウスのため、多少気を揉んだが、再びメンバー3人がステージに戻ってきてくれて一安心。

そしてアンコール1曲目は・・・LOVE IN VAINだった(涙)!

偶然かも知れないが・・・アンコールでやる予定だったのかもしれないが・・・

超うれしかった!!!
ruts003.jpg
ゆったりとしたレゲエチューンの後に、ラストナンバーはいきなりハードコア調のSocietyで締め。なんというカッコイイ終わり方!完璧なステージ。是非また日本に来てほしい!

Ruts ~ Society


ライヴ後はそうです、我らがスウィート・ゲン・ザ・ジゴロックのDJ!

RUTSの余韻を引きずる我々に向かって「ジャパニーズ・レゲエを聴かせてやるぜ!」と言ってかけたのは・・・
ご存知「森山達也/LOVE、かくし色」(笑)。
ruts006.jpg
「レゲエじゃねーし!」という野暮なツッコミは無く、いつも通り盛り上がり気持ちよく歌っていると、レコードの針が音飛びしだす・・・
しかしゲンちゃんはまったく怯む事無く、ここぞとばかりにもう1枚ジャケの違う「LOVE、かくし色」をジャーン!と取り出し、なんとターンテーブルの右と左に「LOVE、かくし色」 の乗せるというゲンちゃんしかできない技でフロアーを沸かせてみせた!(笑)
ruts007.jpg
これぞ、エンターテイナーDJ!いやゲンターテイナーだ!

この後は「吉幾三/雪国」などをかけ続け、序々にRUTSの余韻は打ち消され・・・(笑)

こうして下北沢の「ろくでもない夜」は更けていった。

森山達也 love かくし色

HERBERTS PUB 2018〜狼たちの宴〜

下北沢一番街、WOLFS SCHUTZ〜狼の巣〜INSIDE BOUNDの2カ所で開催した
HERBERTS PUB 2018 & NEVERTRUST 神出鬼没のゲリラセールは、大盛況のうちに終了しました。
歴代最強寒波のなか、来てくださった方々ありがとうございます!
遠方からわざわざお越しになった方も多くて感謝感激!

自分にとっての花の都、一番最初に憧れた街「下北沢」。
住みたくて近くまで来たが、結局住めなかった街「シモキタ」。
その若い時から慣れ親しんだ街でイベントが出来て感無量でした!
「下北沢で一番クールな店構え」のWOLFS SCHUTZ〜狼の巣〜
hp18002.jpg
スクータリストアンセムの大ちゃんがおみくじ一番乗り!
大ちゃんだけに「大吉」でスキンヘッド石鹸(青スキン)ゲット!
hp18003.jpg
リュウタ&ジョー君のFUJIYAMA PAPAコンビ。
この後リュウタは買い物したシャツを紛失...誰か拾ってたらご連絡くださーい。
hp18004.jpg
そして前田夫妻と室伏・ANI。奥様あきさんは2月1日出産予定!がんばれー!
hp18024.jpg
BRACES SOUL CLUBのREIKO&NON$。
この二人のおかげで男臭いイベントが華やかになるね。
hp18005.jpg
そのBSCの次回のゲストのアダム。立ってるだけでクールだぜ!
hp18021.jpg
しょーじさん。ホントにライヴが好きな方で、この後もFEVERに向かいました。
hp18007.jpg
DJ YOSSY(PHOTO 輝ちゃん)
hp18028.jpg
SKA〜SOUL〜ROCKと新年お雑煮スタイル。ラストはTHE MODSをかけてゲンちゃんにバトンタッチ。
hp18027.jpg
当イベントの影の功労者ゲンちゃん!(PHOTO 輝ちゃん)
この日はイベントに合わせてなんとGUINNESSのCAP!
hong-ning曰く「ギネスと帽子とフットボール」というゲンザ節炸裂(笑)

開運!ネヴァトラおみくじははずれなし!
末吉だってもう1回!って感じにやってたら用意していた石鹸は無くなりました...。
hp18008.jpg
なかなかの強運...いや凶運の持ち主だったDiscoman チクン(QAA)&レディオ(QAA)。
「凶」連続で石鹸当てるまで4回も引いた(笑)
hp18006.jpg
そのDiscoman チクン(QAA)は、レゲエではなくUK色のセンス良い選曲からラストは一転、ハマショー!
hp18016.jpg
浜田省吾/もう一つの土曜日「夕べ眠れずに〜♪」とチクンが熱唱中に...なんとRUTS DCがやって来たぞー!!
hp18029.jpg
背が高くてお洒落でジェントルマン。C-V(シヴい)英国紳士だったラッツのメンバー(PHOTO 輝ちゃん)。
自分はすかさずレコードにサインもらい、メンバー3人と一緒に写真撮ってもらおうと中腰になったら・・・後ろにいたのはゲンちゃんやないかーい(一人だけ照明当たってるし笑)
RUTSINJAPAN.jpg
この後行われたRUTS DCのライヴは最高だった!詳細はまたの機会に。
ハマショーの後に、匠のスキンヘッド・ウクレレ・ライヴ!
hp18023.jpg
RUTSのメンバーは「なんだこの異様なパブは!?」と思ったに違いない...(笑)
いやいや「おみくじ」もしたりして、かなり楽しんでいた様子。

個性溢れる2人!トミー(QAA)&輝ちゃん。たくさん買い物してくれてありがとう♡
hp18009.jpg
アヴェケン(ショーケン似)昼間からだったから悪酔いしていなかったな。
hp18011.jpg
NON$、REIKO、ダウンビート・チキト、室伏・ヨージロー。
hp18010.jpg
REIKOさんはノーザン・ソウルのダンススクールもやるみたい。「ダンスはうまく踊れない〜♪」方は是非!
hp18012.jpg
何かとちょっかい出すチキト(笑)
hp18013.jpg
旦那様のEDDIEさん(MAD3)もライヴ前に来てくれた。
hp18026.jpg
チェコから来たHADGI&室伏・ANI。いつの間にか意気投合!?
hp18014.jpg
DADDY(GIGOLO13 )とはこの後一緒に民亭→RUTSのライヴへ。
hp18015.jpg
ゲンザ・親衛隊のヒデ&ススム。もちろんこの後RUTSのライヴへ。
hp18020.jpg
カンちゃんは、病み上がりなので大人しかったな。
hp18019.jpg
シメはもちろんDOWN BEAT SELECTERS
hp18022.jpg
めずらしくレゲエではなく...というか、JAMES BROWNを次々かけるプレイを初めて見た!JB好きにはたまらん選曲でしたー!
hp18017.jpg
YUZZY 69 & HAMMER & 96 69 この方達のおかげで大成功!
hp18018.jpg
そして、マスターの大江さんとお手伝いのあゆみさん。大変お世話になりました!
hp18025.jpg
なんとイベント中盤には樽のギネスと生ビールは売り切れに!
思えば初めてムーンステップで企画やった時もギネスが売り切れたなあ〜。
流石にいつも「ギネスとパンクとフットボール」と歌っている連中だね(笑)

クールなお店で、昼間からイカす音楽聴いて、上手いビールを呑む。最高でしょ!
踊れ踊れ狼の巣で、踊れ踊れ無法者〜♪
ダンス・ウィズ・ウルヴス。
またやりましょうか!?
プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード