FC2ブログ

RAISE A FLAG 〜ONE MAN〜@新代田FEVER

12月2日(日)は、リーグ・オブ・フェイス VOL.59 RAISE A FLAG 〜ONE MAN〜@新代田FEVERでした。

いつもの「リーグ」ではなく、レイフラ25周年記念シリーズの千秋楽として迎えた「ワンマン」。ここで盛り上げないワケにはいかない・・・

丁度2年前に「ワンマン」を中野ムーンステップを満員にして成功させているので、次のステップとして新代田FEVERに挑戦!となっただろうが、2週間前に中野ムーンステップで「リーグVOL.58  THE SESELAGEESとのツーマン」があったばかり。
たった2週間しか経っていないのに、FEVERでの「ワンマン」をやるにはちょっとリスク高いな〜と心配していた。

だってFEVERは広いんだもの〜(笑)

そんな僕の心配をよそに18:30 オープンされ、いよいよDJがスタート。

オープンしてフロアーを見渡してみたが、知り合いはまだチクン(Question And Answers)くらいしか来ていない。。。

「皆早く来てくれよな〜」と思いながら針を落とすと、音が外にも聞こえてきたからなのか?ゾロゾロとお客さんが来場してきた。

前半は自分がプレイし、後半はスペシャルDJとして、ユッキーこと白鳥雪之丞(Tears Of Swan)氏にターンテーブルを繋いだ。

そう、ユッキーは「氣志團」に入る前は、RAISE A FLAGの2代目ドラマーとして活躍していたのだ。
今回25周年記念のファイナルということで「協力できることがあれば...」と急遽参加を表明してくれた。

過去のメンバーを大事にしている家富くんは喜んでたな〜。
leagueof007.jpg
写真は家富→ヨッシー→ユッキー

レコーディングとツアーはレイフラで初めて経験したというユッキーは、完全無欠の大名盤シングル「LEAGUE OF FAITH」のレコーディングメンバーである。
leagueof001.jpg

leagueof002.jpg
中ジャケ。
本名を曝していいのかわからないが(NGだったらすんません)右下がユッキーだ。

旧小滝橋ロフト前で撮影したというアー写だが、ボーカルの家富君は入っていないし(中面左の歌詞ページにはアップで載っている)、この頃まだメンバーではないタケ(左上/2代目ベース)、ヘルプとして入っていたシンジ君(右上)がいかにもリーダー風に写っているので、メンバーの顔を知らないリスナーには、顔と名前が一致しない非常にややこしいアー写であった(笑)

話を戻して、オープニングアクトは札幌からやってきたOi! VALCANS
「レイフラがいなければ、スキンズにはならなかった」とMCでUTO(Vocal&Bass)が言っていたくらいの盟友バンド。
leagueof004.jpg
1曲ごとにMCが入るスタイル(次の曲を説明する)なので、いつももうちょっと曲聴きたいなって時に終わってしまうので、この日はちょっと長めにやってくれたのでとても良かった!
オイバルの曲は、Oi!に大切な要素のストレートでキャッチーな部分をギュギュっと凝縮させているんだよね。最高でした。

そして、本日の結びの一番 RAISE A FLAG 登場!
leagueof005.jpg
この日ギターのアライ君はNEVERTRUSTのセットアップスーツを購入してくれた。
すぐそれを着てステージに立ってくれるとは思ってなかったので、嬉しかったな〜似合ってたし。

レイフラが始まった頃にはフロアーはほぼ埋まっていて、最初から最後までドンチャン騒ぎ状態。
leagueof006.jpg
ライヴは90分ノンストップで30曲!
最後のWE ARE THE SKINHEADSでは、フロアーにいる全員が額から汗をかき、笑顔だった。

休みなしでOi! の曲のみをこれだけの時間やり続けるのは至難の技だ。
しかし今回のワンマンは2年前と違って、メンバーそれぞれ余裕すら感じられるステージングで、楽しみながら演奏し、歌い、成し遂げてしまった。それはまぎれもなく、この2年間の充実したバンド活動の成果だろう。

7月のハーバーツストンプ@FEVERから始まった25周年記念シリーズは、最後もFEVERで幕を閉じた。
途中、レコーディングやCDのリリース、ツーマンなどを課題が蓄積していた長いシリーズだったと思うが、これも見事に成し遂げてしまった。言っちゃ悪いが数年前のレイフラでは考えられない姿だ。

そんな事考えながら観ていたから、この日の「THREE STEPS」は胸に刺さったね。
やり続ければ、3歩進んで2歩下がるでも成長していくんだなと。俺ももっと頑張ろう!と素直に感動した。

ライヴ後打ち上げで、ユッキー→家富→ヨッシー→UTO
leagueof008.jpg
終演後はホッとしたのか、どっと疲れが出た。
「ワンマン」はやる方も大変だけど、観る方だって拳を振り、体を揺らし、歓声を上げ続けるんだもの、そりゃ疲れるわ。
自分の場合はこの日が来るまで緊張もしてたし(笑)

最後にレイズ ア フラッグ 25周年記念シリーズ完走、本当におめでとう!!

さあ、続いての「ネクストステップ」はいかなる方向に向かうのか!?

26年目も一緒に突っ走ろうぜ!
スポンサーサイト

ツーマン熱狂!リーグ・オブ・フェイス VOL.58

11月18日(日)LEAGUE OF FAITH VOL.58 〜冬の壱陣2018〜RAISE A FLAGTHE SESELAGEES の2マン。@中野ムーンステップ
league4804.jpg
前売りは1ヶ月前にSOLD OUT!
当日券は16時半に発売。当券待ちの列は16時くらいからできていた。
こんなことはめったにない!特別な日になりそうな予感。
league4803.jpg
そしてオープン。それでも入口には入場待ちのお客さんが長い行列を作っていた。
1バンド目のTHE SESELAGEESの演奏が始まってもまだまだ列が続いている。
2FのBARスペースでこの日最初のDJタイムを終えて(あえてメジャーなOI!をプレイ)、1Fに降りて列をかき分けて入ってみると、想像はしていたがステージが見えない状態だった(笑)
league4801.jpg
セセラギーズとレイフラのお客さんは半々くらいに見えたが、一緒になって楽しんでいた。

league4811.jpg
セセラギーズのライヴ後は2Fで2回目のDJ。
僕のDJタイムは、のんちゃんが物販を盛り上げてくれた。ありがとう〜!
league4807.jpg

league4815.jpg
この日に合わせて作ったOi! PUNK JAPAN T、Oi! キッズTも大好評でした〜。

心配されたドリンクカウンターの列は、スタッフの迅速な対応でスムーズに進んでいた。流石だ。

そしてRAISE A FLAGが登場!一斉に拳が上がる!
league5812.jpg
フロアーはパンパンのまま。凄い熱気。思わず目頭が熱くなる(笑)

league5813.jpg
熱烈アンコールの最後は皆で「WE ARE THE SKINHEADS」!
セセラギーズの藤田君も飛び入り参加!
league4805.jpg
2バンド、約2時間に渡り拳を振り上げていたフロアー。
中には、最後の力を振りしぼって叫んでいる人もいた。
バンドからはもちろん、フロアーからも、もの凄いパワーをもらったライヴだった。

レイフラ終了後ステージ裏で、セセラギーズの藤田くん&くっきーと。
league5814.jpg
Oi! PUNK JAPANのTシャツを着てくれて嬉しかった。
league5810.jpg
うちの娘(小三)は最近お笑いが好きなので、この写真見せたら喜んでたよ!
league4809.jpg
セセラギーズとの出会いはコウチくんにCDRをもらったことから。
その後HERBERTS STOMPにも出てもらった。また縁があればやりましょう!

league4808.jpg
打ち上げは2F BARスペースで。最後のDJは縛りは無し、ノージャンルであれこれプレイした。

Rancid - Hooligans

この曲好きでかけたんだけど、LPの出だしの場所が見つからず苦労した(笑)

次回のリーグは、いよいよRAISE A FLAG 25周年記念シリーズのファイナル、ワンマン@新代田FEVERだ!
IMG_9463.jpg
オープニングアクトに札幌からOi! VALCANSがやって来る!
DJは僕(ヨッシー)と、レイフラ2代目ドラマーの白鳥雪之丞(Tears of Swan)が緊急参加決定!
NEVERTRUSTのSHOPもまたいろいろと仕込んでいくので、お楽しみに!

祝1周年!BRACES SOUL CLUB

BRACES SOUL CLUB 祝1周年!おめでとうございます〜♪

たった1年とは思えないほど、今年は様々な話題を振りまいてきたBRACES SOUL CLUB(以下BSC)。
主催のREIKOさんと話をしたら、イベントを立ち上げようと思い立った時、自分の持っているノーザンソウルのレコードはたった2枚だったんだって(しかもプレゼントされたもの)!

そこからは「熱意」と「情熱」でBSCを盛り上げ、これまで微妙に距離のあった東京のノーザンソウルのシーンと、スキンヘッズのシーンの距離を確実に縮めてくれた。この功績は大きい。
IMG_9019.jpg
後列左からSIMON69、FUJJY a.k.a. SHIGE、KAMIHIRO
前列左からNON$、REIKO、EDDIE LEGEND、YOSSY という今回の主要メンバー。

毎回良質なノーザンソウルとスキンヘッドレゲエをレギュラーDJが披露して、ゲストDJが一味違ったアプローチで楽しませてくれるBSC。
今回のゲストは、我々が通い詰めた伝説の原宿のレコード&ウェアーSHOP「RUDENESS」のShige(名古屋名Fujjy)だ。

自分とシゲちゃんは、15年くらい前に同じ原宿の雑居ビルの1Fと2Fでそれぞれ店を経営していて、言わば「同じ釜の飯を喰った」もの同士!?とも言える。その後は「RUDENESS」で「NEVERTRUST」を取り扱ってもらい、それこそ毎日のように頻繁に顔を合わせていた。
話をすれば、Oi!はもちろん、その頃まだよくわからなかったスキンヘッドレゲエやノーザンソウルについてもをいろいろと教えてもらったので、「スキンズの先生」みたいな存在でもある。

そんな先生の本領が発揮されたトークショー。
IMG_9048.jpg
MODS〜HARD MODS〜SUEDE HEAD〜SOUL BOY〜BOVVER BOYS〜SKIN HEADS...のカルチャーやファッションについての疑問に答えるという、BSCでしかできないマニアックなトークショーだった。
今回は初回ということで固さもあったが、評判は上々のようなので次回あればまた参加したい。

shigesimon.jpg
Nutty Tommyが欠席となり、急遽復活したSKINS DJ ユニットのTWISTED BURGANDYS。

選曲もやっぱり激シブだったぜ!
shige01.jpg
11月に来日するArthur Kの7インチ!レア度高し!

IMG_9034.jpg
Arthur Kの東京公演は11月25日(日)です。詳細はまた後日に。

IMG_9013.jpg
僕のことをいつも褒めまくってくれるヨッチャン!

イベント後半は、ノーザンソウルの名曲が次々とかかりフロアーは踊りまくってたね!
IMG_8992.jpg
自分の中で「ノーザンソウルがかなり身近なものになったな〜」と実感した、素晴らしい一周年のパーティーでした!

こちらのBSC1周年記念のワッペンがついたボーリングBAG。
DSC04794.jpg

DSC04979.jpg

DSC04969.jpg
イベント当日にも予約受け付けていましたが、今のところ若干数あります。

欲しい方いましたらご連絡ください。よろしくお願いします。

info@nevertrust.biz

JENNY WOO BEST PUNK ROCK SINGER EVER!

まずは業務連絡。

先日お伝えしました、Oi! PUNK JAPAN リンガーTシャツの予約受付は本日夜10時(22時)までです。
oipunkjapanwhite01.jpg

oipunkjapangray01.jpg
ご注文お待ちしてまーす!

現在JENNY WOOちゃん来日ツアー中です!
jennywoojapan01.jpeg
本日10日はBOOT STOMPのYUICHI社長が住んでいる浜松。
12日はいわきの2公演のみ。近隣の方、お見逃しなく!!

自分は先日、10月7日に高円寺のアイリッシュ・パブ「クルーラカン」でのライヴを観てきました。

そもそも10月7日はカッパンクでのライヴがあり、クルーラカンでのライヴは決まっていなかったのに、なぜ観られたのか?

それは、JENNYの大ファンであるGIGOLO13のゲンちゃんが、自身が出演する高円寺でのイベントと丸かぶりしてしまい、何とか観れる方法はないか!?と考えたのがカッパンク終演後に「JENNYをクルーラカンに呼ぼう!」作戦でした。

ちょっと強引かな〜とも思ったが、JENNY&YUICHI社長、カッパンク側と交渉し見事に実現!またしてもゲンちゃんの、言葉巧みな交渉術を見せつけられてしまった(笑)

ライヴはクルーラカンの雰囲気ともマッチしてもちろん最高!
jennywoojapan03.jpg
COCK SPARRER やBUISINESSのカヴァー曲もやってくれた。
jennywoojapan04.jpg
23時30分スタートだったので、あまり遅くなると終電がなくなってしまう〜と最初は心配してたけど、ライヴがとってもよくて、終電は諦めました(笑)

そして何より嬉しかったのは、JENNYがNEVERTRUSTのボタンダウンを着てライヴをやってくれたこと!
jennywoojapan02.jpg
ライヴはエネルギッシュだけど、話をすればとってもチャーミングで気配りのできる素晴らしい女性でした。
ギター1本で世界中をツアーして、その行く先々で愛されてる理由がわかりましたよ。

もうひとつのサプライズはJENNYからレコードがもらえたこと!
jennywoojapan05.jpg
これがなんとFOR YOSSY→BEST FASHION DESIGNER EVER !
と嬉しすぎる言葉のサイン入り!
JENNY ありがとう!生きててよかった(笑)
JENNYには BEST PUNK ROCK SINGER EVER !とお返ししたい。

Royalty of the Streets (Han king of Kings & Jenny Woo)

レコードはHan king of Kingsとのコラボ曲。こちらもOi!で最高!

PRETTY SCOOTER SKINS

先週末 9/15 町田Nutty'sで開催された「SCOOTERiST ANTHEM VOL.7」。

スクーターランは天候が悪く、短距離に変更しなければならず残念でしたねー!

でもライヴショーは、場所は江ノ島から町田に移ったけれど、アットホームな雰囲気は変わらずで盛り上がってました。

JAPONICANS、JOINTED、ROLLINGS...どのバンドもとても良かったけど、THE 69YOBSTERSはズバ抜けてカッコ良かったなー!
手前のボウズはナッティー・トミー!
scooterist201802.jpg

毎年名古屋からやって来るアンセム常連のナッティー・トミー。
10月20日の「BRACES SOUL CLUB」@高円寺クルーラカン
でもご一緒します!よろしく〜!
scooterist201803.jpg
そのBSCを意識し、今回はNORTHEN SOULもかけて盛り上げてたよー。

DOWN BEAT SELECTERS
scooterist2018050.jpg
今回は時間に余裕があり、ゆっくりと最高の選曲を楽しめたー。

家族総出でイベントを盛り上げてる、主催のDICE 69
scooterist201801.jpg
今年は特に子供たちが物販のお手伝いをしてて可愛いかったね〜。

そうそう、物販といえばこの日の為に作った、キッズTシャツが大変好評でしたー。
prettyscooterkids.jpg
ピストルズのPRETTY VACANTを意識したPretty Scooter Skins Tのキッズサイズ。
サイズは100〜130まで作りましたが、小さいサイズは瞬く間に完売。
130サイズのみ在庫あります。
欲しい方info@nevertrust.bizまでメッセージください。
今後もイベント合わせたキッズサイズのTシャツを少しづつ増やしていこうかと思ってます。

サイズ見本になればと、イベントに出掛ける前にウチの子供たちに着せたけど、なかなか立ってもらえず。。。
IMG_8521.jpg
ちょっとわかりづらいが100と110サイズ見本です(笑)

あとヤヴァイ帽子(CAP)も妻が夜なべして作りました。ウチも家族総出です(笑)
IMG_8531-1.jpg
トロージャン刈頭(トロージャン・スキンズ)のハチマキとCAPをドッキングさせた、その名もHATCH CAP(ハッチ・キャップ)!
hatch cap
ハチマキが欲しいと良く言われるので、CAPと合わせてみましたー。
外国人にはウケが良かったけど、ちょっと難易度高めかな!?(笑)

The Clash - Live in Tokyo, Japan 1982

ジョー&トッパーはハチマキ名人殿堂入り!

そういえば、THE CLASHの東京公演も解体されることがニュースになった「中野サンプラザ」だった。
RAMONESも中野サンプラザで観たことあるし、最後に観たのはTHE COLTSだったかも。
ポンキッキーとかやってた頃だから、それでももう二十年ほど前か?
昔はちょいちょい行ってたけど、最近は全く行ってないな。
ちょっと寂しいけど、やはり時代の流れか〜。
プロフィール

Yossy(ネバトラ代表)

Author:Yossy(ネバトラ代表)
NEVERTRUSTの新作アイテム情報やライブレポートなど、ロックチューンなモノを発信していきます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード